lifeisart

「ちょっといい日用品」をコンセプトにしたメイドインジャパンのプロダクト「FUTAORI(ふたおり)」

毎日使う日用品こそお気に入りのものだけに囲まれて生活したい!

そんな「ちょっといい日用品」をコンセプトに営むセレクトショップが「FUTAORI(ふたおり)」です。設計及びプロダクトデザインも手掛ける浅野藝術株式会社はオリジナルブランドからセレクト品まで、また内装にもこだわったまるで宝箱のようなお店です。

ドライフラワーに囲まれた店内

お店に入るとたくさんのドライフラワーが目に入ってきます。見上げると天井にもたくさんのどらフラワーが吊り下げられており、そこからはフワッと植物の香りが広がります。花市場から買ってきた新鮮なお花をすぐにドライにすることで、色も鮮やかなドライフラワーになるそうです。

左右違う壁の素材や、ついそっと手を触れてみたくなるような什器の角の丸みなど1つ1つにも心遣いを感じます。

美を追求したコーヒードリッパー


私は自宅や事務所で日本茶や紅茶や中国茶、コーヒーを飲んだりとその時の気分でいろんなお茶が飲めるようにしています。コーヒードリッパーは使いやすくて飽きのこない、価格もお手頃なkaritaのものを使っていたのですが、FUTAORIのこのドリッパーに初めて出会ったときはその美しさに胸が高鳴りました。早速事務所で使ってみたのですが、コーヒーを淹れるだけで気分が上がります!今まで事務所の裏の方でコーヒーを淹れていたのに、お客様に見せながらコーヒーを入れたくなる!そんなコーヒードリッパーなのです。

重要な使い勝手ですが、空間が多いもののしっかりとペーパーを固定してくれ、普段のお手入れも簡単です。色は金、銅、黒がありますが、私は金を選びました。

ドリッパーと一緒にフィルターホルダーもあるとさらに気分が上がります!とにかくシンプルさが美しく、場所を選ばずに使えるそんなアイテムです。キャンプなどに持って行っても気分が上がること間違いありません。

空間に動きを付ける


空間に浮かぶ植物を演出できる「サスペンディッドフラワー」は壁に留めたり、天井からつるしたりとゆらゆらと動きのある一輪挿しです。シンプルな空間にこの一輪挿しが浮かぶ姿は美しく、それが2個、3個と連なる姿もまた空間を華やかに演出することができます。


フラワーベースも店内什器の丸みと同様に曲線が美しく、木の温かみも感じられます。


ジャパントーンも全色揃えたくなるような美しさです。それぞれの色にテーマがあります。

  • 海を象徴する・・・青
  • 粉雪を感じさせる・・・白
  • 日の丸を描く・・・赤
  • 刀を思わせる・・・銀
  • 黒く艶のある漆の・・・黒

真鍮と銅のコースターはグラスを置くと光の反射でシンプルなグラスに表情が出ます。

女性らしさを感じる繊細で柔らかな曲線。木工のワイングラスはガラスのように薄く、まるで中が透けて見えるかのようです。

暮らしの中にデザインを。もっと身近に取り入れたい!

オリジナルデザインのものだけでなく、オーナーのセレクトした上質の日用雑貨もまた魅力的です。暮らしに取り入れることで気持ちが上がるもの、長く大切に使っていきたいものに出会えます。大切な方への贈り物に喜ばれることは当然のことながら、贈る側も嬉しくなるそんなお店に是非足を運んで見られてはいかがでしょう?また少し繁華街から離れた静かな場所にあるのも私だけのお店に出会えたようで嬉しくなります。

FUTAORI – ふたおり

営業時間:12:00 ~ 19:00
定休日:月曜日
連絡先:092-791-1715
URL : https://futaori.com/
住所:福岡市中央区平尾3丁目17-12

公門 秋絵

公門 秋絵

オーガニックを取り入れた食卓と暮らしを楽しくする情報を発信するサイト

「cu mondo(クモンド)」編集長

六本松 蔦屋書店にて食のコンシェルジュ(暮らしのコーナー)を担当。自身のブランド「poco a poco」で輸入生地を使った雑貨の製造・販売を行う。

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。