casita

アパマン乱立時代の不動産投資は戸建賃貸住宅や一戸建てを貸す方が有利!

不動産投資というと、アパートやマンション経営を真っ先に想像する人が多い。しかし地主以外にもサラリーマン大家などの参入で、アパマンは乱立状態に陥り、供給過剰状態の地域も存在する。そんなアパマンに代わり需要が高まっているのが、戸建てを貸す不動産投資法である。では戸建賃貸投資とはどのようなメリットがあるのだろうか。

戸建賃貸住宅投資とはなにか

戸建賃貸投資とは読んで字のごとく、新築や中古の一戸建て住宅を人に貸して家賃収入を得る方法である。もともと戸建賃貸投資自体は昔から存在しており、転勤などで一時的に不要になった中古住宅を貸すような人が多かった。しかし中古がメインであった戸建賃貸投資だったが、新築の戸建を建てて貸しているオーナーも増加している。その理由は戸建賃貸は新築でも中古でも、需要が多いのに供給が追い付いていない地域が存在しているからである。

戸建住宅を貸すメリット

戸建賃貸住宅が人気の理由には、いくつかのメリットがあるからだ。まずはアパートなどのように部屋が隣接していないので、上下階や隣の部屋の騒音問題などのトラブルを防ぐことが出来る点にある。特に子供のいるファミリー層などは、騒音に対して敏感になってしまう。そのため木造のアパートなどに住むことを敬遠する人も多い。しかし戸建賃貸であればその心配は必要ない。それ以外にもアパマンの場合には、庭付きの賃貸物件というのは珍しいが、戸建賃貸ならば庭やガレージがついていることがほとんどである。このように戸建賃貸ならば、大人も子供ものびのびと気兼ねなく過ごすことが出来るのである。

中古の場合にはリフォームが必要な場合もある

戸建ての住宅を貸す場合には、新築と中古という二つのパターンがある。新築であれば完成後すぐに貸すことが出来る。新築プレミアムもあるので入居者は付きやすい。しかし中古の戸建てを貸す場合には、リフォームやリノベーションを施してから貸す方が入居者が付きやすい。特に築年数や間取りが古い戸建であれば、現代風の間取りにリノベーションするなどの対策が必要な場合もある。年々入居者の好みの間取りは変わっていくため、その時に応じたリフォームが必要なのである。

アパマン供給過剰の時代だからこそ戸建賃貸

戸建賃貸には他にもたくさんの魅力がある。それは単身者アパートのように、入居者が頻繁に代わることもなく、末永く住んでくれる特徴などだ。そのために大切なことは戸建賃貸投資をする場合、入居者に喜んで住んでもらうような住宅を供給することである。それを目標の一つに据えて、新築の戸建を建てたり、中古住宅をリフォームして貸せば、成功する可能性が高まるであろう。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。