casita

戸建賃貸住宅として優秀な「casita(カシータ)」で始める賃貸住宅経営の魅力とは!?

賃貸住宅を経営していきたいという人はどのパートナーを選ぶかによってどのくらいの利益が期待できるか、経営開始までにどのくらいの大変さがあるかに違いがあることを知っておくことが大切だ。戸建住宅で賃貸経営をしたいと考えているなら戸建賃貸住宅として優秀な「casita(カシータ)」はどうだろうか。

戸建賃貸住宅として優秀な「casita(カシータ)」

戸建住宅を手がけるハウスメーカーや工務店のほとんどはマイホームを手がけるのを主業務としていて、賃貸住宅を建てるためのノウハウをあまり持っていない。また、賃貸マンションの建設を下請けしている建設業者では賃貸物件を建てる上でのノウハウはあっても、一戸建てを建てるのに長けているわけではないのが通例だ。casita のネットワークにサインしている工務店などの建築会社は、通常クオリティの高い戸建住宅を建てていて、さらに部材の共有などコスト面やクオリティの担保などをクリアしている。その建築会社が作るcasita は数少ない戸建住宅を使って賃貸経営をしたい人向けの戸建賃貸住宅ということが魅力と言える。

ローコストで狭い面積でも運用可能

casita を使って戸建賃貸住宅を運用する上で悩みになりがちな2つの問題を克服できることが挙げられる。1つ目は初期コストの問題で、家賃収入が一戸分しかないのであまり大きなコストをかけると損をしてしまいかねない。しかし、casitaではコストを減らすために資材調達や建築効率化を心がけているため、ローコストでの建築が可能だ。もう1つは面積の問題で、土地活用をしたいときに面積が狭くて運用が難しいことは稀ではない。だが、casitaでは25坪あれば賃貸住宅を建てて運用できるのが魅力である。

基本仕様が決まっているので設計が容易

賃貸住宅を建てるときには一般的な戸建住宅と同様に設計で悩んでしまいがちだが、その点もcasita であれば問題ないと言える。プロが住宅事情を十分に調査し、賃貸する人たちが満足してくれるための住宅仕様を考案して提供しているからだ。質の高い住宅設備を盛り込み、多くの人が魅力を感じてくれる品質の基本仕様があらかじめ決められている。その仕様に従い、土地の面積や形状に合わせて間取りを考案してくれるため、失敗のリスクが低い住宅を簡単に建てられるのだ。その結果として、casita は高い入居率を誇っているので安心である。

戸建賃貸住宅casita を活用しよう

casitaは数少ない戸建賃貸住宅で、いかにローコストで満足度の高い住宅を建てるかについて考え抜かれている。狭い土地であっても、上手に活用して賃貸住宅を建てることができるのも魅力だ。実績も着実に積み上げてきていることも考慮し、これから戸建賃貸住宅を建てて経営していきたいと考えている人はまずcasita をベンチマークにしてみるといいだろう。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。