amare

日本の伝統が息づく、魅力ある美しき佇まい「casa amare(カーサ・アマーレ)」

古来、日本の建築や造形美術などに多く取り入れられてきた「大和比」。そして、日本人の美意識に溶け込んだ、この絶妙な比率を住まいにも活かしたい。そんな願いから誕生したのが「casa amare(カーサ・アマーレ)」である。切妻屋根を思わせる外観、自由自在なレイアウトを可能にする間取り、そして耐久性に優れたマテリアルなど、伝統美と現代建築とがバランスよく調和し、魅力ある住まいへと進化を遂げている。

日本の伝統美と融合した、機能性あふれる造り。

まずcasa amare の大きな特徴といえば、日本の伝統建築を思わせる、その美しい外観だ。古くから伝わる大和比を採用した屋根の傾斜は、神社仏閣で用いられる切妻造りそのもの。無駄を排したシンプルな造りの中に、落ち着きと重厚感を漂わせる、日本古来の伝統美が息づいている。ただしcasa amareが追求するのは伝統だけではない。建物へ一歩踏み入れると、ぬくもりを感じさせる木材の内装、日常生活のニーズを満たす数々の最新設備、そして2階部分までの吹き抜け。一見、平屋のような外観からは想像できない、機能性豊かで開放的な室内空間に驚くはずだ。

自由自在な間取りで、家族や生活の形を守る。

自由自在に間取りをコントロールできることも、casa amare の魅力的な特徴である。1階部分を家族の共有スペースにしながら、2階部分は寝室や子供部屋として使う。あるいは、日常生活で過ごすスペースや機能を全て1階に集約して、2階部分は倉庫のような収納スペースにする。このように、家族構成やライフパターンなどに合わせながら、間取りを柔軟に組み変えることができるのだ。

いつまでも家族と一緒に、安心して過ごせる住まい。

大切な家族と一緒に、長い時間を過ごす家だからこそ、快適性や衛生面には十分な配慮が必要だ。casa amare には、家の構造からマテリアルに至るまで、細心の注意が払われている。例えば天井部分については、気密性や断熱性に優れた、独自開発の屋根パネルを採用。これによって屋根裏のスペースが広がり、見た目も使いやすさも抜群の居住性を実現している。また床材には30mm厚の杉の無垢板を採用することで、殺菌や脱臭あるいはシックハウス症候群への対策も重視。この他にも、天然素材からできた多孔質の内装材を取り入れており、室内の温度や湿度を呼吸するように調整してくれる。その上、カビやダニさらに化学物質までも素材に吸着し、室内の空気を清浄に保つのである。

日本の伝統的な建築美と暮らしやすさを求めるなら「casa amare(カーサ・アマーレ)」

日本の伝統を感じるような、落ち着いた家で生活したいけれど、最新機能のある家で暮らしやすさも追求したい。そんな方のニーズを満たせるのが「casa amare(カーサ・アマーレ)」だ。大和比を取り入れた、伝統的な外観デザイン。その一方で、最新の機能やマテリアルを取り入れて、伝統と進化の調和をバランスよく図っている。この家を選ぶことで、何ものにも代えがたい、充実した時間を過ごせることだろう。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa amare

日本の伝統美を手本にした

「受け継がれる家」