cago

小さいからこそ広がる可能性。「casa cago(カーサ・カーゴ)」で始めるライフスタイル。

夢の一戸建てと思って広くて庭があって部屋がいっぱいあってと、できるだけ大きい家を建てるのがなんとなく日本人の一般的なマイホームを建てるときの要望だろう。だが、実際は高い土地取得費用、建築費用を払いながら使われない部屋やスペースも多く、物置と化す部屋まである。これまでの住宅は余計なものが多すぎるのかも知れない。

そんな疑問を持っている人に知ってもらいたいのがカーサの商品住宅「casa cago(カーサ・カーゴ)」だ。

あなたのライフスタイルに合わせて組み合わせる家

casa cagoは、1カーゴ=6畳という日本人に馴染み深いピースを組み合わせてプランニングする住宅だ。1つのカーゴであればデスクとベッドを置いた子供部屋、2つのカーゴであればダイニング&キッチン、3つのカーゴでLDKなど、組み合わせ方次第でどんな暮らしにもフィットする快適な住宅ができあがる。あなたのライフスタイルに合わせて自由に組み合わせる家づくりが可能だ。

1カーゴ=6畳で規律あるデザインをつくる

casa cagoは、家全体を商品化するのではなく、一つひとつのピースから規格化。それをユーザーが組み合わせることで初めて完成する。1カーゴ=6畳という最小単位ユニットがあるから常に美しいプロポーションを保つことができ、規律あるデザインが実現できる。美しく調和のとれた落ち着きのあるフォルムは住む人の心を豊かにする。また、馴染み深いスケール感は、使い勝手や機能性も担保する。

どんなロケーションにも馴染む

エッジのきいたデザインと、自然素材のぬくもりが融合した佇まいのcasa cagoは、もともと小屋暮らしを意識して開発されていることもあり、個性を主張しつつも景色にさりげなく調和する。そのため、海でも山でも街でもどんなロケーションにも馴染むデザイン。あなたの暮らしたい場所や暮らし方に合わせて、どこに置いても知性と品格を感じさせる佇まいがある。

 

ライフスタイルに合わせて組み合わせて、自由な家づくりが可能な「casa cago(カーサ・カーゴ)」。大きいことを良しとしたマキシマムな暮らしを捨てて、あなたのライフスタイルを見つめ直してミニマルな暮らしを手に入れてみてはどうだろうか?

気になった人は愛知県蒲郡市にある泊まれる住宅展示場「SHARES(シェアーズ)ラグーナ蒲郡」で宿泊体験が可能だ。

参考:「色々なライフスタイルを体験できる泊まれる住宅展示場「SHARES ラグーナ蒲郡」4月28日にオープン!

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa cago

日本人に馴染みある6畳の組み合わせで

お客様が必要な形

必要な部屋数でつくる家