cube

カーサ・プロジェクトが推し進める新しい住まいの選択肢「商品住宅」って何!?

一般に「家を建てよう」「家が欲しい」と思ったとき思い浮かべるのが、一戸建て住宅であれば注文住宅か建売住宅ではないだろうか?注文住宅でいい家を建てようと思ったら高額なお金を払って、建築家や工務店と何度も打ち合わせを重ねて、それでも理想の家を建てるのはかなり難しい。建売住宅は完成物が見えるけれども、同じような家ばかりで自分と自分の家族に合った家は見つからない。

そんなときに「商品住宅」という、新しい住まいの選択肢があるのをどれだけの人が知っているだろうか?「商品住宅」カーサ・プロジェクトが推し進めるそれぞれのコンセプトに基づいて、デザインや性能のより良い住宅を提供するプロジェクトだ。

「いいものをいかに安くつくるか」がテーマ

洋服や車などオーダーメイドで作ろうという人はそうそういないだろう。精々、その道のプロフェッショナルが自分で着たり、プロトタイプとして使ってみたりするためのものぐらいではないだろうか?

同じ考え方でいくと、注文住宅は言わば完全オーダーメイド。自分で好きなようにプランニングできるという大きなメリットがあるが、そもそも住宅は一生のうちで1度か少ない回数しか建てることはないため、思うような住宅はなかなか実現できない。それに、洋服や車のようにオーダーメイドでこだわって作るとかなり高くなる。

さらに、住んでみたら「使い勝手が悪かった」「このデザインは飽きる」など、注文住宅を建てた後に「失敗したな」と後悔している人は意外に多いのが事実だ。そうなると何のために家を建てたのかわからなくなる。

コンセプトからデザインや性能を担保できる「商品住宅」

「商品住宅」であれば、洋服や車のように商品のクオリティや機能性が追求された上で提供される。もちろん建売住宅のように安っぽいものではなく、コンセプトからデザインや性能がしっかりと担保され、住み手にとって有益な要素が備わっている。

casa cubeのように四角い窓がないのに明るい住宅やcasa piattoのように平屋住宅としてクオリティを追求した住宅、casa skyのように気持ちいい屋上がある住宅など選択肢は様々だ。

ディテールやグレードの高さもある「商品住宅」

広義の意味では建売住宅も「商品住宅」と同じ規格住宅だが、住宅会社がコストダウンのみに囚われて、設備、仕様、デザインなどのグレードを落としている場合が多く見受けられる。作り手の都合でディテールやグレードが決められた住宅は満足度も低い。

カーサ・プロジェクトの「商品住宅」であれば、それぞれのコンセプトや仕様に合わせて素材やディテールを検討し、設備や建材を採用するので住み手にとって心地よい、長く住んでも飽きのこない住まいが実現できる。

 

まだあまり馴染みの少ない「商品住宅」という住宅の在り方だが、今後一般的にも新しい選択肢になっていくに違いない。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。