casita

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」であなたの不安を解決!その3つのパターン。

不動産投資の中でも、アパートやマンションより、希少性が高い戸建賃貸住宅が投資対象として注目され始めている。その中でも機能性やクオリティが高く、デザイン性にも長けている「casita(カシータ)」は、そこに住まう人のことがよく考えられているので、借り手も見つかりやすく、非常に高い稼働率を誇っている。これから不動産投資を始める人にとって魅力的な戸建賃貸住宅である。

それに、「casita(カシータ)」は、いろいろな不安を解決してくれる。投資家でなくても注目してほしい戸建賃貸住宅だ。

1.余っている土地がある

もともと土地が余っていたり、先祖代々の土地があって相続で譲り受けたりして無駄な税金がかかっているなど、土地活用に困っている人は意外に多い。アパートやマンションを建てるにしても、それなりの規模になるのでイニシャルコストがかかるし、空室のリスクは高い。

casita であれば、1棟あたり25坪以上の土地があれば、気軽に賃貸経営を始めることができる。資金面でもアパートやマンションよりはるかに少額で建設できる。

また、土地の相続などで土地を分筆しなければならなくなった時にも、1棟づつに分割して振り分けることも可能だ。

2.老後の資金が心配

開発されたcasita は、これから賃貸経営を始める人にとって非常に魅力的な戸建賃貸住宅である。大幅なコストダウンに成功し、コストパフォーマンスにすぐれ、高利回り期待でき、土地の取得費用も少なく、ロットが小さい単位からスタートできる。普通の会社員であっても、リスクを極力軽減できるので手軽に不動産オーナーになることができる。

キャリアアップして転職したり、何か副業を始めたり、あるいは株やFXをやったりと収入を作る手段はいろいろあるが、casita なら着実に生涯年収を増やし、資金を作り、老後の心配を少なくすることができるだろう。

3.住宅ローンを払いたくない

マイホームを建てようと思っている人は、その楽しみの反面、何千万円もの借金を背負って、住宅ローンを30年以上も払い続けることに不安を感じているだろう。casita であれば、複数棟建てて、1棟は自分の家族で住んでも満足できる。だから、住宅ローンではなく、不動産投資用の事業ローンとして資金を用意するといいだろう。自分で住みながらインカム住宅としてcasita に働いてもらうというわけだ。

 

いづれの場合もリスクを少なく、賃貸経営を始めることができるのが「casita(カシータ)」の魅力だ。また、戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」は、あなたの悩みや不安を解決するソリューションでもある。

カシータ ジャーナル

カシータ ジャーナル

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。