casita

「casita」なら高品質だけど低価格。25坪から始められる不動産投資

機能性に優れ、デザイン性にも長けている戸建賃貸住宅「casita」。一棟1000万円以下で立てられるように計画されているが、これだけ高品質な住宅がなぜ低価格で建てられるのだろうか。

その秘密を握っているのは、casaプロジェクトの工務店ネットワーク。全国に仲間がいることが、casitaを低価格で提供できる一番の理由となっているのだ。

商品住宅だから設計料がかからない

まず一般的な住宅と違うのは、casitaは商品住宅だという点。建築家に依頼して作る注文住宅の場合は、建物価格の約1割が設計料になると言われている。2500万円の家を建てるとなると、そのうち250万円が設計料となるのだ。

しかし、casitaは空間の取り方や窓の位置、照明、収納スペースなどが全て建築家によって緻密に計算され、詳細にわたって決められている。その設計を基に家を建てるので、効率的に家を建てることが可能なのだ。

建材の大量生産が可能

同じ設計図を基に家を建てるのだから、家づくりに使われる建材は当然同じサイズになる。そのため、さまざまな建材を大量生産して共有することができるのだ。そうすることで、建材コストの大幅カットにつながる。

そして家づくりにおいて大きな経費となる人件費も、casitaの家づくりでは抑えることができる。casitaはデザインがシンプルで、無駄な凹凸が少ないことから建築手順を徹底しやすく、現場でも効率的に作業することができるのだ。工期が短くなり、それに伴って人件費も少なく抑えられることになる。

一般的な注文住宅は設計士や現場監督、インテリアコーディネーターなど多くの人が関わるが、casitaの場合、素材や間取りなどがすでに決められているため、これらの人が何度も現場に訪れる必要がない。現場の職人のみで、家づくりを完結できるようになっているのだ。

余計な中間マージンをカット

一般的な家づくりにおいては、建材は建材メーカー、商社、問屋、建材専門店を経て工務店に届く仕組みになっている。工務店に届くまで間に多くの会社を挟むため、その家庭で中間マージンが発生してしまう。

しかしcasitaは建材メーカーや商社から、直接工務店に届くという流通が成立。途中に余計な間マージンがかからずに済むこともまた、casitaを低価格で提供できる理由につながっている。

一番の強みはネットワーク

casitaの一番の魅力は、全国を網羅している工務店ネットワークを活かせることだろう。いざcasitaを建てて賃貸経営をしようとした時に、その土地勘が全くなかったらどうするだろう。知り合いに聞くこともできず、その土地の情報もわからない。

そんな時に、その土地の住宅事情を知り尽くした工務店が協力してくれたなら、どんなに心強いだろうか。一緒に土地を探したり、不動産会社を紹介したりすることもできるだろう。

casitaが目指す新しい賃貸経営のスタイル

戸建賃貸経営に興味はあるけれど、資金も土地も持っていない……という人でも大丈夫。casitaは1棟あたり25坪以上の土地があれば、気軽に賃貸経営がはじめることができる。もともと土地を持っていないと賃貸経営できないと思われがちだが、casitaを経営する人の中には土地を買うところからスタートさせた人も多くいる。

長期優良住宅認定の高品質でコンパクトな住まいは、大幅なコストダウンに成功。コストパフォーマンスにすぐれ高利回りを期待でき、貸す人、借りる人、すべての人にうれしいWIN×WINの関係となる新しい賃貸住宅だ。

気軽に始められる戸建賃貸経営

賃貸経営と聞くと、どうしてもお金持ちのイメージがあったり「どうせ自分には無理」と諦めてしまう人もいるが、そんな人にこそcasitaの選択肢を知ってほしい。

25坪以上という土地から始めることができ、しかも従来よりコストを大幅にカットして低価格で家づくりが可能。将来に向けて、戸建賃貸経営を資産形成の手段として考えてみてはいかがだろうか。

カシータ

カシータ

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。