piatto

「casa piatto(カーサ・ピアット)」が家族の幸福度をあげる4つの理由

日本古来の住まいである平屋。建築技術が進んだ現代で、今や平屋を目にするのは観光地などのイメージではないだろうか。どこか私たちの認識の中で「古き良き時代の家」として遠ざかってしまっている平屋だが、永年満足を謳った「casa piatto(カーサ・ピアット)」は、そんな私たちのイメージを覆してくれる。

 

平屋だからできること

古くから地震が多い日本において、2階を造らない平屋という構造は耐震を考慮した結果と言える。平屋の快適さは、リビングからお風呂場、寝室、どこへ行くにも平らで動線がスムーズというところ。家族が同じ目線に立ってコミュニケーションを取ることができるのも魅力的だ。

また、子供が巣立ってシニア世代になったときに2階を持て余すなんてことがない。老後のゆったりとした暮らしを趣のある平屋で過ごすことができるのだ。

 

360度、家族を見渡せるLDK

家の中心にLDKを設けることで、家族団欒の時間を過ごしやすい設計となっている。たとえ別室にいたとしても、同じ階のため声が届く。たとえば2階建ての住宅だと、誰かが帰ってきたときに上の階に居る人は気付きづらい。しかし、平屋ならば同じ空間に居るため、すぐに家族の顔を見ることができる。家族がコミュニケーション不足で悩むのを未然に防ぐことができるのだ。

 

風や雨から家族を守る優しい屋根

地面と水平に広がる1.1mの屋根は、強い日差しや風雨から家と家族を守り、快適な暮らしを実現する。住宅の基盤よりも屋根が広がっていることから、雨の日に窓を開けても濡れる心配がなく、梅雨の時期には風情ある景色を堪能することができるのだ。ついつい窓辺に立って深呼吸をしたくなる、そんなゆったりとした暮らしを守る優しい屋根もcasa piattoの魅力だ。

 

スリット窓で防犯面も安心!

住宅に高さがないと、つい防犯面が心配になってしまう。窓が大きく設計されがちな平屋は尚更だ。しかし、そんな心配もご無用。casa piattoはリビング以外の居室に幅わずか21cmの縦長スリット窓を採用している(一部のぞく)。隙間から心地よい光や風を取り込むので室内が暗くなることはなく、なおかつ侵入者を寄せ付けない。

 

家族の幸福度をあげるのに、平屋という選択肢を

同じ目線で生活を送れる平屋は、家族間のコミュニケーション不足を解消し、幸福度をあげてくれる。耐震面も考慮され、万が一というときに家族を守ってくれるだろう。家族の時間を1階に凝縮した「casa piatto(カーサ・ピアット)」、この機会に検討してみてはいかがだろうか。

キタトモミ

キタトモミ

東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。

「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。

見たことないもの、食べたことないもの、未知なるものを自分の体で確かめることにワクワクします。

casa piatto

ひとりでも、ふたりでも、家族でも、

ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる。