casita

戸建てで賃貸経営を始めるなら「casita(カシータ)」のような長期優良住宅がおすすめ。

賃貸経営や不動産投資を始めようというとき、賢い人なら、需要が高く供給が圧倒的に少ない戸建賃貸住宅でスタートすることが確実な選択肢だ。そんな希少性の高い戸建賃貸住宅の中でも「casita(カシータ)」は、クオリティやデザイン性が高く、優位性の高い存在だ。その「casita(カシータ)」は、環境問題や消費者の住宅取得コツと問題に対応するための住宅ストックの活用を目的とした「長期優良住宅」の認定を受けている。この「長期優良住宅」認定を受けている「casita(カシータ)」は、貸し手にとっても、借り手にとっても非常に有益な物件である。

長期優良住宅認定に必要な条件とは!?

この「長期優良住宅」の認定を受けるためには、様々な性能項目をクリアする必要があり、casita はこれらの厳しい基準をクリアしている。

耐久性能を確保して劣化対策

正常な維持管理化で、100年以上建物を使い続けることが可能な耐久性能を確保することが要求される。これはマンションや一戸建ての住宅形式、鉄筋コンクリート造や鉄骨造、木造などごとに劣化対策が定められている。

大地震にも耐える耐震性

大規模な地震でも耐えるように、建物の変形度合を一定以下に抑える耐震性が必要である。

維持管理や更新の容易性がある

建物本体に手を加えることなく、配管などの設備の維持管理や更新時の修繕が最低限で済むような措置が講じてあり、それらの容易性が必要だ。

広い住戸面積

マンションやアパートなどの共同住宅においては55㎡、casita などの一戸建て住宅では75㎡が必要だ。また、維持保全計画として定期的な点検実施も計画することになる。

地球にも住まいにも優しい省エネルギー性

断熱性能を保ち、地球にも住まいにも優しい省エネルギー性を担保する必要がある。

街と調和する居住環境

地域の地区計画に配慮し、街と調和する居住環境を確保し、景観を損なわないようなデザインが必要だ。

間取りの変更工事が簡単にできる可変性

住まい手のライフスタイルに応じて、間取りの変更工事が簡単にできることが必要である。

長期優良住宅認定の税制優遇

この「長期優良住宅」の認定を受けられば、住宅ローン控除や不動産取得税、登録免許税、固定資産税など様々な税制優遇を受けることができる。これらは、不動産オーナーや賃貸経営者にとって非常に大きなメリットになる。さらに住まい手にとっても、クオリティが高い賃貸住宅の家賃として間接的に関係してくるだろう。

 

あなたが戸建賃貸住宅で不動産投資を始めたり、賃貸経営を始めたりするなら長期優良住宅を選択することで大きなメリットを得られる。貸し手にとっても借り手にとっても有益な物件を取得しようと思うのであれば、その長期優良住宅の認定を得た「casita(カシータ)」なら間違いないだろう。

カシータ

カシータ

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。