casita

借り手の満足度も高い戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」の4つのプラン例。

希少性が高く、少ない自己資金で始められるなどメリットの多い戸建賃貸住宅だが、今後市場に新築物件でもリノベーション物件でもクオリティの高いものが市場に出回ってくるだろうから、より借り手が満足してくれるような物件でありたい。借りたいと思わせることができ、満足度も高い戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」とは、どのようなプランなのだろうか?

家族のコミュニケーションを活発化する対面キッチンのあるプラン

「対面キッチンにしたら家族との距離が近くなって、会話が弾むようになった」という声も多い対面キッチンのあるプラン。対面キッチンだと、料理や洗い物をしていても常にリビングが視界に入るため家族とのコミュニケーションが活発化する。特に目が離せない小さなお子さんがいる家庭では大きなメリットだろう。来客が多くホームパーティーなどをする家族も気に入ってくれるはずだ。また、機能面でも配膳や食事の片付けの動線が効率的になるので使いやすい。

広いダイニングキッチンと大容量の収納があるプラン

casita(カシータ)は、基本的に収納が充実しているプランが普通だが、その中でも収納をより重視したのがこのプラン。重視したと言ってもとにかく数や容量を増やしたわけではない。1階と2階に物入れやクローゼットを機能的に配置している。玄関ホールにはシューズクローゼットのある物置、2階のベッドルームにはウォークインクローゼットが装備されている。洋服や靴、趣味の道具や収集物などがある人にはおすすめだ。

開放感があるゆったりとしたLDKがあるプラン

トイレや水回り、玄関ホールなどの必要なスペースを片側に収めることによって、広々としたLDKを実現したのがこのプラン。開放感があるゆったりとしたLDKが、四季や自然を感じながらのんびりとくつろぐ空間を実現する。大画面のホームシアターやオーディオを設置して、映画や音楽を楽しんだり、友人を招いてホームパーティーを開いたりとライフスタイルに合わせてLDKを使いこなすことができる。また、ゆったりとしたソファーや大きめのテーブルを選ぶこともできるのでインテリアスタイリングも楽しいだろう。

南面道路を想定したアイランドキッチンのあるプラン

基本的には、どのような土地にも対応できるように東西南北の向きを問わず建築できるcasita(カシータ)だが、南面道路を想定したより諸室が明るくなるように設計されたプランもある。1階のリビングが南に向かって開放的になっていて、テラスとつながる。人気のアイランドキッチンも南側に向けて配置されているので、陽の出ている時間帯は常に自然光と向き合うことができる。また、玄関土間と連続したシューズクロークや傘や雨具を含めて「外で使うもの」を家の中に持ち込まずに収納できるのも大きなメリットだ。

 

こうして仕様だけでなく、ひと通りプランも見てみると住み手がイメージしやすい。そして、「casita(カシータ)」がいかに住み手のことを考えて設計されているかがわかるだろう。ここで紹介したのは数多くあるうちの4つだけだが、あなたが建てる戸建賃貸の入居者のことを想像して、考えて見てはいかがだろうか?

カシータ ジャーナル

カシータ ジャーナル

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。