casita

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」のリーズナブルだけど高クオリティの3つの秘密。

「casita(カシータ)」は希少性が高い戸建賃貸の中でも、クオリティが高く強気の家賃設定も可能な住み手に選ばれる戸建賃貸住宅だ。借り手が見つかり十分な収益を上げられる「casita(カシータ)」は高いクオリティを持ちながら非常にリーズナブルだから、現在も多くの不動産オーナーに選ばれている。「casita(カシータ)」が、リーズナブルだけど高クオリティである秘密とは何だろうか?

1.カーサ・プロジェクトの商品住宅である。

シンプルな四角い家「casa cube(カーサ・キューブ)」

casitaは、日本の住宅を変えるという理念を持った「カーサ・プロジェクト」の商品住宅の一つで、戸建賃貸として初めて加盟した住宅である。商品住宅とは、全国の工務店や建築会社の加盟店ネットワークを活かし、商品開発や資材調達、集客や販売を共有し、高いデザイン性や性能のものをリーズナブルな価格で提供する住宅のことだ。自動車をイメージするとわかりやすい。自動車は、注文住宅のようにオーダーメイドで作ると開発費や販売コスト等が当然跳ね上がるが、規格化してデザインと性能を高め一般の人にも手が届く価格にしている。

参考:https://www.with-casa.com/lineup/

2.商品住宅なので設計料が要らない。

一般的に戸建住宅はデザインの良い注文住宅を建てようと思うと、建築家に依頼して総工費の10%~15%の設計料が必要になる。3,000万円の家であれば、300万円から450万円の設計料となる。

それに比べてcasitaは、デザインや設計、仕様が既に決められている商品住宅なので設計料が不要だ。間取りや窓の位置、照明や収納スペースや設備などが、建築士によって予め厳密に設計されている。その設計は、賃貸としてだけでなくあらゆる要素を考慮して設計が完成しているので、グレードの高い住宅を提供することが可能だ。

3.工務店ネットワークにより建材コストを抑えられる。

同じ設計図を元に施行されるので必要となる建材も同じになる。工場で大量生産された建材を共有することで、コストが大幅に抑えられる。また、施工に関しても現場で無駄な作業が発生しないように調整されていて、工期が短縮され無駄な人件費もかからないようになっている。

 

「casita(カシータ)」が、リーズナブルだけど高クオリティな戸建賃貸住宅である理由がおわかりいただけただろうか?デザイン性や性能が確保された商品住宅であるから、オーナー自らが納得して安心して住み手に提供できる戸建賃貸だ。

カシータ

カシータ

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。