casita

不動産投資の新しい選択肢!人気の戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」が選ばれる4つの理由

資産運用と資産形成の新しい選択肢として、賃貸経営を検討中の方に注目を得ている「casita(カーサ・カシータ)」。

今回は、驚異の入居率99.37%を記録する「casita(カシータ)」が、なぜ賃貸経営者からも入居者からも選ばれるのか、その4つの理由をご紹介する。

 

優れた防音性でプライバシーを守る

集合住宅に特に多いのが、防音問題。生活していく上で年齢や生活リズムの違いから生活音による問題は根深く、引っ越しを余儀なくされる事態にも。夜遅くまで騒いでいる隣人の騒音や、壁が薄く会話が丸聞こえでプライバシーが守られないなど、「音」による生活の不快感の割合は意外と高い。

しかも集合住宅などの賃貸に多い木造住宅は防音性が低く、鉄筋コンクリートのマンションでも厳しい。その点、casitaは隣の家との距離も確保されており、防音材がしっかり導入されているため音を外部に漏らすことがない。

賃貸住宅なのに戸建仕様の設備

賃貸住宅で高品質の設備を望む場合、築年数が浅く家賃の高い物件を探さなければいけない場合が多く、どうしても毎月の固定費の支払いに生活が困窮してしまう。しかし、casitaは戸建賃貸住宅だからこそ、一般的な賃貸住宅とは違ってキッチンやお風呂が狭くなく、一戸建ての注文住宅と変わらない高品質な設備が備わっている。

また、一般の戸建賃貸住宅に至ってはあくまで賃貸用の設備が多く、長期優良住宅にも認定されているcasitaとは違い、そこまでの性能を備えている設備は少ないのだ。

 

3LDKが標準の安心な広さ

賃貸アパートの場合は、2LDK以上の間取りで満足できる広さの物件に出会うのはなかなか難しいもの。もともと構造上どこか一部の一室が小さめで作られていたり、条件が揃っていても家賃が高かったり、マンションであれば部屋数が多くなるごとに家賃は高くなる。

だが、casitaはもともと3LDKが標準であり、1階と2階合わせて81平米〜92平米のプランを用意。高品質の設備が整っている上に、部屋まで広いという魅力が詰まっている。

 

駐車場が近く、インナーガレージも選べる

家族が増えると移動手段として車を所持する人も多いが、集合住宅の場合はほとんどが自宅より距離のある場所に車を置かなければいけなくなってしまう。戸建住宅の場合は駐車場を玄関の近くに設置できるとはいえ、車好きの方にとっては雨風の汚れや悪戯など心配事もあるだろう。

casitaはインナーガレージプランも用意しているため、雨の日に自宅から駐車場まで濡れることもない。ガレージの中を物置スペースとして活用することも可能だ。空間をうまく利用することで、日頃の些細なストレスが解消されるだろう。

 

戸建賃貸住宅で快適な暮らしを叶えよう

賃貸でもなく、戸建でもない。双方のメリットを取り入れ、デメリットはうまくカバーする。そんな戸建賃貸住宅「casita(カーサ・カシータ)」だからこそ実現できた4つの魅力を参考に、快適な暮らしを叶えてみてはいかがだろうか。

キタトモミ

キタトモミ

東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。

「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。

見たことないもの、食べたことないもの、未知なるものを自分の体で確かめることにワクワクします。

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。