worldarchitecture

氷山の上を歩き回れるようなノルウェー最大の文化施設「オスロ・オペラハウス」とは!?

ノルウェーにある首都オスロ。そのウォーターフロントに現れたのは、まるで氷山のような形をした建築物、オスロ・オペラハウスだ。今回は、その印象的な容姿とエレガントな空間で数々の賞を獲得した今話題の建築に訪れてみた。

オスロ・オペラハウスとは?

ノルウェーの首都オスロの港にある「オスロ・オペラハウス」。臨海地区の再開発計画の一環として2008年に完成し、ノルウェー国立オペラ・バレエ団の本拠地としても知られている。大劇場には1,364席、2つの小劇場は200~400席を設けることができ、ノルウェーで最大の文化施設だ。

「高い建築の質」と同時に「ランドマークであること」が求められたオスロ・オペラハウスのコンペ。350の応募から選ばれた設計・デザインは、「氷山を模した」と言われる独特な外観とアクセス空間で、その地区で最も目を引く建造物になっている。

その高い技術と街への影響力から、オスロ・オペラハウスは2008年世界建築ファスティバルで文化賞、さらに2009年にはミース・ファン・デル・ローエ賞を獲得している。

オスロ・オペラハウスを手がけた建築事務所「スノヘッタ」

オスロ・オペラハウスのデザインコンペで、見事350の応募から選ばれたのは「スノヘッタ」だ。スノヘッタはノルウェーのオスロに本拠地を持ち、アメリカ・ニューヨークにも拠点を置くデザイン建築事務所である。ノルウェーの建築家シェルティー・トールセン、ドイツ生まれのクレイグ・ダイカースの2人を中心にアメリカで運営をしている。

エジプトの新アレクサンドリア図書館のコンペで協業したグループとしても知られ、建築とランドスケープ、インテリアなどをその境界なく数多く手掛けるスノヘッタ。そんなスノヘッタのデザインの特徴は「ランドスケープ・アーキテクトに伝統を重んじていること」。最先端の技術を駆使しながらも、そこにはどこか懐かしく、古くから受け継がれる歴史ある匠な技とデザインが光っている。

氷山を連想させる外観で屋根上を自由に歩き回る

白く美しい外観のオスロ・オスロ・オペラハウス。氷山を模した外観は、ウォーターフロントに浮かんでいるようにも見える。

建築とランドスケープ、その両方に隔たりなくデザインを手がけるプロが魅せる建築は、今回注目したいポイントの1つだ。

地上から巨大なスロープを登ると、歩いているのはオスロ・オペラハウスの屋上部分。登って行くほどに変貌する「オスロの街並み」を楽しむことができる。スロープを「絨毯」のように人々が歩き「憩いの場」にすることで、オペラハウスとしての役割だけでなく、市民の公共空間としても機能している。

採光が美しいエントランスは、まるで晴れた雪国を歩いているかのよう

オスロ・オペラハウスの屋内へ一歩足を踏み入れると広がるのは、白い大理石の床で敷き詰められた広く開放的なエントランス。氷山の裂け目のようなガラス張りの開口部からは自然光が差し込み、大理石がその光を反射して空間全体が明るく柔らかな心地で広がる。

劇場の機能は木の壁面で覆われ、外からの自然光が照らされることで陰影を作る。まるで雪の降った山へ踏み入ったかのような心地が、美しい建築デザインと共に混ざり合い、都心にいながらも自然を感じ取ることができる。

ノルウェーらしい北欧の木質空間が広がる内観

劇場内へ入るとまた一様に空間の雰囲気が変わり、そこは北欧らしいオーク材で囲まれたスペースが続く。間接照明と朗らかな木の温かみ、雪解けのような柔らかな自然光も相まり、エレガントな落ち着きを感じ癒されることができる。

曲線を描く動線からは、今から待ち受ける観劇の物語へ「おとぎ話の中へ入っていく」ような感覚を受け、ワクワクさせてくれる。

デザイン・コンセプト「絨毯(ザ・カーペット)」×スノヘッタのデザイン

「オペラハウスとしての機能も北欧随一」と言わしめる最上級の設計・設備が備わるオスロ・オペラハウス。このオペラハウスのデザインコンセプトは「絨毯」と表現されている。その名のとおり、スノヘッタは外観のスロープから屋上へのアクセスや、劇場内の緩やかな導線などで表現しているのを感じることができる。

高質な雰囲気からはこの場所が「芸術文化の世界でどれだけ威厳のある空間なのか」を知らしめさせているようにも感じ、背筋がピンと伸びる。

一方で、スノヘッタが提案する「氷山」というテーマ。外観からはもちろん、トイレやクロークと隔てる壁面は、氷山のような綺麗なグラデーションと造形が魅力的だ。空間全体を白の大理石と、オーク材、自然光で彩ることで、氷山の持つ凜とする中にもナチュラルな雰囲気を堪能することができるであろう。

アーティストともコラボレーションし、随所にアートを思わせる要素を散りばめているのも要注目だ。

Operahuset Oslo – オスロ・オペラハウス

住所:Kirsten Flagstads Plass 1, 0150 Oslo, Norway

くるみ

くるみ

グラフィック/ウェブデザイナー兼イラストレーター。ニッチでコアな音楽ディストロレーベル ano records を主宰。

スーツケース1つで突然移住してしまう癖がある。(アメリカ3ヶ月・オーストラリア1年・石垣島半年)

目指すは、海外ノマドワーカー。暮らしながら世界一周。いつもワクワクの向かう先へ!

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。