carina

自分たちの手で変化させる楽しみのある家「casa carina(カーサ・カリーナ)」

寝室から琵琶湖を一望できる、最高のロケーションが自慢の阿部家。「casa carina(カーサ・カリーナ)」の雰囲気に合わせて夫婦でDIYを楽しんでいるという。カフェ風のテーブルやリビングのシェルフなど、好きなものだけに囲まれた暮らしを見せてもらいました。

直感的に「この家に住みたい」と思った

窓から琵琶湖が見渡せて、夏は家にいながら花火大会を楽しめるという、絶好のロケーションに魅かれてこの土地を選んだというご主人の悟さん。

「最初は、家の素材やデザインにあまりこだわりはなかったんです。でも、いろんな情報を集めていくうちに、漆喰の壁だったり、無垢の床だったり、ナチュラルなテイスト、断熱もしっかりしているということでcasa carinaが気になるようになって。べースとなる家を見学させてもらったときに“この家に住みたいな”と思ったんです」

実際に「casa carina」に住んでからは、機能性、快適性を実感することが多いという。「夏でも冬でも、基本的にリビングはエアコンのエコモードだけで快適に過ごせます。無垢床は冬も暖かいですし、夏はひんやりといいますか、足ざわりもよく、裸足で過ごしています」。現在1歳のお子さんがいる阿部家では、家族が一緒に過ごすリビングは憩いのスペースとなっているようだ。

ベースが素敵だからDIYも楽しい

阿部家のあちこちには手作りの家具や雑貨、オブジェが配されていて、まるで雑貨店のようだ。照明やインテリアまで、細部にわたってこだわりが感じられる。

「casa carinaのナチュラルな雰囲気に合わせて作りました。サイズ感も自分たちの生活に合わせたものが欲しかったので。ベースとなる家が素敵だから、それに合わせて慎重に作っていったという感じはありますね」と絵美さん。

以前はインテリアやDIYにそれほど興味がなかったご主人の悟さんも、この家に住んでからは雰囲気にあったものを作りたくなり、DIYにハマったそうだ。「たとえばリビングのブックシェルフは、高さを窓に合わせて、棚の数もこだわってつくりました。色もすべて無垢床に合うように塗りなおしたりして」最近では、休みの日のたびに、夫婦で何かを作る時間が増えたという。

絵美さんが家の中でいちばん好きな場所はキッチン。飾り棚に並ぶ雑貨はナチュラルな雰囲気で統一され、まるでカフェのようだ。「あまり重たい雰囲気にしたくなかったので。実は全部木でできてるんですけど、アイアン塗料を塗ったりしました。この可愛い雰囲気の中でお料理するのも好きですし、リビングから眺めるキッチンもお気に入り」手作りのリネンカーテンを下げた窓からは、朝にすごく良い光が入ってくるのだと、嬉しそうに顔を見合わせる阿部さんご夫婦。「朝日がね、白い壁に映えるんです!」

部屋干しもすぐ乾く漆喰の快適さ

「casa carina」の特徴でもある漆喰の白壁。漆喰特有の調湿効果のおかげか、部屋干しの洗濯物がすぐ乾くのだそうだ。「前の家では、冬場の部屋干しは丸2日くらい干していたのですけど、今は、朝干しても夜には乾いているんです!」

漆喰の快適さを知った阿部さん夫婦は、もともとはクロスだった洗面所の壁にも、自分たちの手で漆喰を塗ったという。「家を建てる前に、ほかの方が3年くらい住んでいるcasa carinaを見学させてもらったんです。そのとき、漆喰の部屋に入った瞬間に“空気が違うな”と感じました。そのお宅は洗面所も漆喰だったのですが、全然嫌な匂いがしなくて。我が家は予算の関係で洗面所まで漆喰にできなかったので、自分たちで一生懸命塗りました!」。頑張った甲斐あって、洗面所は湿気や匂いのこもらない快適な空間に生まれ変わったという。

 

住む人のインスピレーションを刺激する「casa carina」。阿部さん夫婦のように、建ててから自分たち流にアレンジを加えられるというのも家の楽しみ方の一つだ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa carina

街も心も輝かせる、かわいくて、かしこい家

「こんな家に住みたい」をカタチにしました