realestate

一戸建てでも不動産投資は出来る!戸建賃貸住宅の魅力とは?

不動産投資と聞くと真っ先に思い浮かぶのは、アパートやマンション経営ではないだろうか。立地が良ければアパマンでも成功する確率は上がる。しかし、地域によっては供給過剰になっている場所も見受けられるのが現実だ。そのなかで、まだまだ需要が見込めるのが「戸建賃貸住宅」なのである。その戸建賃貸住宅を使った不動産投資の魅力とは何でしょうか。

アパマン経営の限界

戸建賃貸住宅に人気が集まっているのは、アパマン経営の限界が見えてきたという点が挙げられる。日本では、空き家問題が深刻になりつつある。それと同時進行で、アパートやマンションの空室に悩んでいるオーナーがたくさん存在している。むやみやたらに相続対策になるからと、アパマンを建てていても、空室が増えるばかりで供給過剰に陥っているような地域がたくさん見受けられる。

なぜ、戸建賃貸住宅が人気なのか?

そのような状況の中で戸建賃貸住宅は、アパマンに比べると需要があるにもかかわらず、供給が少ない地域が数多く存在している。戸建賃貸住宅は基本的に、ファミリータイプ向けの物件がほとんどである。ファミリータイプのマンションと比べても、広々とした庭があったり、駐車スペースも確保できるという特徴がある。そしてアパマンでは部屋が隣り合わせている為、たびたび問題になる「騒音問題」が発生する時があるが、それも戸建てであれば起こりにくくなる。特に子供のいる家庭では、騒音を気にせずにのびのびと育ててあげられるという、大きなメリットがあるのも特徴である。

ファミリータイプならば駅から多少遠くても需要が見込める

不動産は立地が勝負である。出来ればターミナル駅から徒歩数分の場所で不動産投資が出来れば理想であろう。ただし、そのような好立地の物件は簡単に見つかるものではない。しかし、繰り返すが戸建賃貸住宅はファミリー向けがほとんどであり、そのような場合には駅から多少離れていても、需要が見込めることが多いのである。さらにファミリー向けであれば、単身者のようにすぐに引っ越すようなことも少なく、末永く住んでもらえるというメリットがあるのも嬉しい所だ。一戸建て住宅を貸し出す不動産投資方法は以上のようなメリットが複数あり、アパマン経営の経験のない人であっても、比較的気軽に行うことが出来るのだ。

不動産経営者になる

一戸建て住宅を人に貸すという事は、大家になるという事だ。つまり不動産賃貸業という「事業」を始めるという事なのだ。もしも一戸建て不動産投資を始める場合には、このような自覚をもって行うようにしよう。入居者に安心して住んでもらう事を最優先で考えて行動を起こすようにしよう。そうすれば一戸建て不動産投資を一歩づつ成功に導いていけるであろう。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。