japanarchitecture

隈研吾が手掛けた焙煎工場付きスタバ「STARBUCKS RESERVE® ROASTERY TOKYO」

「STARBUCKS RESERVE® ROASTERY TOKYO(スター・バックス・リザーブ・ロースタリー ・トウキョウ)」は、2019年2月28日にオープンした焙煎工場を併設する店舗で、「スターバックスの妥協を許さないコーヒーイノベーション」をコンセプトにしている。2014年にアメリカ・シアトルに1号店をオープン、中国・上海、イタリア・ミラノ、アメリカ・ニューヨークに続き、5号店が、東京・中目黒に完成した。

隈研吾のこだわりが詰まったおしゃれコーヒー店

中目黒の目黒川沿いに姿を表した「STARBUCKS RESERVE® ROASTERY TOKYO」の設計は2020年東京オリンピックのメイン会場である国立競技場を手掛ける隈研吾。

一から建築をしたのは5つの店舗のうちでも東京がはじめて。随所に施されている日本的な施しに、隈研吾らしさを感じる。

4階まで突き抜ける最も象徴的な銅のキャスクは、日本の、そして目黒川の桜の木々に敬意を評しているとのこと。

Starbucks Reserve(スターバックス リザーブ)【1階】

日本国内向けにこの焙煎工場で年間68万kg以上のコーヒーを焙煎するという。

焙煎機のそばで、同条件のコーヒーの飲み比べができます。

コーヒースクープバーでは、テイスティングをしながら、焙煎したてのコーヒーを味わうことができて、もちろんお気に入りのコーヒーを買って持ち帰ることもできる。

プリンチは、1日中できたてのおいしさを味わえるイタリアンベーカリー。朝はコルネッティ、昼はフォカッチャ ピッツァ、夜はアペリティーボと、時間帯によってメニューが変わります。

TEAVANA(ティバーナ)【2階】

2階は、紅茶や日本茶、ハーブティーが楽しめるティーバー。

ARRIVIAMO(アリビアーモ)【3階】

スターバックス リザーブやティバーナを用いた独創的なカクテルが楽しめる。

カフェインフリーのカクテルやノンアルコールメニューもあるので、日中きても雰囲気を味わえるだろう。

壁にはコーヒーのパッケージで作られたアートが飾られる。

テラスには東京で採取され、山形で製品にされた杉が椅子とテーブルに使われている。

AMU インスピレーションラウンジ【4階】

4階には、1階で焙煎されたコーヒーが袋詰にされていくところを見るところができる。ここではセミナーなどのイベントが開催され、イベントのない日は客席として使用されている。

天井は折り紙をイメージして設計されており、機械が内蔵されているため、音響設備として機能している。

 

一時期よりも混雑はだいぶ落ち着き、気軽に立ち寄れる場所となってきている。ここで楽しめるのは、美味しいコーヒーや紅茶だけではなく、おしゃれな空間である。コーヒー好きは1度は行くべきだろう。

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京

営業時間:7:00~23:30
電話:03-6417-0202
URL : https://www.starbucks.co.jp/roastery/
住所:東京都目黒区青葉台2丁目19−23

藤巻百合香

藤巻百合香

首都大学東京で表象文化論を学び、表現の多様性に興味関心を据える。

大学在学中にお笑いライブ専用劇場をオープン。22歳で劇場経営とお笑いイベントプロデュースの会社を設立。

舞台芸術から建築まで、様々な視点で表現を追求する。

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。