casita

住宅ローンではなく事業ローンを使用するインカム住宅としての「casita(カシータ)」

人生の中でも多くの人にとって一番の買い物といえば、住宅を購入することである。住宅を一括で購入する資金が捻出できないため、住宅ローンを組み、月々返済することが一般的だ。しかし、仕事による収入が減ってしまう現在では、ローン返済が生活そのものを圧迫してしまうことも多い。そんな状況において、注目されているのがインカム住宅だ。

インカム住宅を使って事業ローンとしてお金を借りる

住宅ローンを組んで一戸建てで住む場合、住宅自体は資産ではなく負債扱いとなる。税金や維持費などがかかる上に、年数を減るに従い、資産価値が著しく減少してしまうことが最大の理由だ。加えて十数年以上かけてローンを返済することから、ライフスタイルの変化により支出が多くなる時期において、経済的支出が増えてしまうことも問題となる。支出が増える時期に収入を増やしたいと思う人にとって、最適な手段の一つがインカム住宅である。

インカム住宅の特徴は、注文住宅並みのスペックを持った賃貸住宅を2軒建て、一つは実際の居住とし、もう一つを賃貸住宅として貸し出す仕組みだ。賃貸事業を営むため、事業ローンとしてお金を借りることから、住宅ローンよりも負担軽減が期待できる。

貸し手と借り手をつなぐ戸建賃貸住宅

「casita(カシータ)」は、戸建の賃貸住宅である。一戸建ての住宅としてcasita を複数建てて、不動産のオーナーとして経営する仕組みとなっている。事業ローンを貸し出す際の金額に関して、初期投資額を徹底して抑えられていることもあり、低負担で借りることが可能だ。一戸建ての賃貸住宅の供給数が少なく、住宅としての質も高いことから、すぐに借り手が見つかる利点も魅力的だろう。貸し手にとっては収入を得られ、借り手にとっても低価格で一戸建てに住めるという、両方の要求を満たすことが可能だ。

ライフスタイルの変化にも対応できる

一戸建てを建てた後も、子どもができる、転勤などの人生に関わる出来事が起こる。一方で、建てた家自体は老朽化やライフスタイルなどの変化し続ける状況には、そう簡単に対応できない。賃貸住宅としての性格を持つcasitaなら、手狭になる、転居で手放さければならない状況でも、利益を生み出す手段として対応できる利点を持っている。日々変化し続けるライフスタイルに対応可能な住宅と言える。

新たな収入を得る資産としての「casita(カシータ)」

「casita(カシータ)」を使って住み続けるための家と賃貸用の家を同時に手に入れることは、家自体を負債ではなく、資産とできることがポイントだ。注文住宅と変わりないスペックの家を持ちながら、一方でもう一つの家を貸すという、オーナーとしての収入を得られるのが魅力である。生活状況により絶えず変化するライフスタイルにも柔軟に対応できるため、住宅を手に入れる一つの選択肢としてみてはどうだろうか。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。