worldarchitecture

ニューヨークの廃線になった高架線を再利用した都市のリノベ空中緑道「ハイ・ライン」

ニューヨークのチェルシーからハドソン・ヤードまで全長2.33 km続く空中緑道「ハイライン」。ハイライン効果で周辺の不動産価格は他のエリアに比べても上昇率が高くなるほどの市場効果を持つ新たなランドマークだ。「MoMA(ニューヨーク近代美術館)」の増築計画も手がけるディラー・スコフィディオ+レンフロが手がけた空中緑道「ハイライン」のデザインにはどのような仕掛けがあるのか?

ニューヨークの空中緑道「ハイライン」とは?

ハイラインは、1980年を最後に廃線になった鉄道の高架線を2009年から2014年にかけて段階的にオープンしたニューヨークで新らしい人気スポットだ。

2004年当時のニューヨーク市長マイケル・ブルームバーグによって予算が組まれ、現在は、ホイットニー美術館のあるチェルシーからハドソン・ヤードまでの全長2.33 kmの「都市型空中緑道」が続いている。

最近リニューアルオープンしたMoMA(ニューヨーク近代美術館)の増築計画を手掛けたことでも知られるディラー・スコフィディオ+レンフロがこのリノベーションに関わったことでも建築業界からの認知を集め、都市と歴史、そして公園らしい緑地を楽しめるスポットとしてローカルの憩いの場になっている。

ハイラインで公園×廃墟×都市の融合を楽しむ

ハイライン内は、まさに「空中緑道」を感じられる緑豊かな遊歩道が続いている。そのあちこちにはベンチや寝椅子、水盤などが設けられ、そこはもう「公園」と言っても過言ではない。

隣接するホイットニー美術館近くのハイライン上には、パブリックアートやチェルシーの歴史ある壁アートなどが展示され「美術館から展示空間が続いているような感覚」が心踊る。

ニューヨーク都市の真ん中で、忙しなく走る車や連なる高層ビルを見下ろしながら、ゆったりと散歩や昼寝をして過ごす。これぞ新しい「贅沢時間」であろう。

路上とは違う視界で眺めるニューヨークの街並

ハイラインならではの古い高架線のインダストリアルな雰囲気を残した風景も魅力的だ。路線上に設けられたテラスで食事を楽しめるカフェや、ナビスコの工場跡地にできた「チェルシー・マーケット」なども通ることができる。

一方でハドソン・ヤード方面に向かうと、現代的なデザインのビルが建ち並び、チェルシーとは異なるニューヨークの風景を楽しむことも可能。

ニューヨーク都市部ならではの「奇抜で現代的なデザイン建築」をたくさん見上げながらゆったりと散歩できるのは嬉しいポイントだ。ビルを側面から眺める視点は、地上レベルからの眺めとは全く異なり新鮮な感覚も楽しむことができる。

今ニューヨークは地下鉄・バス移動だけでなく「ハイライン移動」がツウ

ニューヨークの空中緑道ハイラインは、新たなスポットとして賑わいがあるだけでなく、ゆっくりとその移り変わる景色を楽しみながらニューヨーク市内を移動できる手段として観光客からも大人気。

周囲のビルからの視線にも囲まれているため、セントラル・パークよりも犯罪発生率が低いことも注目されており、ハイラインにはゆったりと安心して各々の時間を楽しむローカルも多い。

混雑した車内では感じられないデザイン・アート・自然、そしてその眺めを楽しんでみてはどうだろうか?

The High Line – ザ・ハイ・ライン

開館時間:7:00~22:00
URL : https://www.thehighline.org
住所:New York, NY 10014

くるみ

くるみ

グラフィック/ウェブデザイナー兼イラストレーター。ニッチでコアな音楽ディストロレーベル ano records を主宰。

スーツケース1つで突然移住してしまう癖がある。(アメリカ3ヶ月・オーストラリア1年・石垣島半年)

目指すは、海外ノマドワーカー。暮らしながら世界一周。いつもワクワクの向かう先へ!

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。