carina

30坪・和室ありなどさまざまなプランが選べる「casa carina(カーサ・カリーナ)」の間取り

家を建てる時、防犯や耐震性などの機能性を求める時に、デザイン性をあきらめてはいないだろうか。どちらかを取るとどちらかを諦めなくてはならない、そんな常識を覆した家が今回紹介する「casa carina(カーサ・カリーナ)」という住宅だ。防犯面やデザイン性の両立はもちろんのこと、その選べる間取りにも様々なこだわりがある、住む人の様々なライフスタイルを考えたフレキシブルな住宅なのである。

子育て世代にお勧めの30坪プラン

まず、紹介するのが30坪プランだ。このプランは夫婦2人と子供2人という世帯が住むことを想定して設計された、casa carina の標準的なプランといえるものである。その間取りの特徴には、子育てをしやすいように作られているという点がある。1Fにあるキッチン・脱衣所・バスを一直線に配置することにより家事動線を直線化し、効率よく家事を済ませ、子育てにかけられる時間を多く出来るような配慮がされている。さらに、リビングはもちろん、家事動線のラインも広々とした作りになっており、伸び伸びと家事が出来るというのも魅力の1つだ。

子供の成長に合わせることが出来る将来子供部屋分割プラン

現在子供が小さいという世帯向けのプランが将来子供部屋分割プランだ。このプランは子供がまだ小さい時は家族皆で過ごせるよう部屋を広く使え、子供が大きくなった後はその部屋を個室にすることが出来る間取りとなっている。そういったことを考慮しているため、収納が多くなっているのもこのプランの特徴といえよう。子供が成長していくにつれ、必要なものも増えていくだろう。先ほど紹介した30坪プランには無いウォークインクローゼットを設けることにより、物が増えていくことによる生活スペースの圧迫というものを最小限に防げるのである。

洋と和の調和が美しい和室ありプラン

さらに、casa carinaには南欧の邸宅をイメージしていながら、和室ありプランが存在する。リビングの横に配置された和室は、洋風の華やかな内装の中において1つのアクセントとなる空間だ。ごろりと横になれるようなくつろぎ空間に使うもよし、しっかりと背筋を伸ばしたい時に使うもよしと様々な選択肢があるだろう。また、このプランはリビングに2Fへの階段が配置されていることも特徴の1つだ。朝起きた時、帰宅した時、1日の様々な場面で家族と顔を合わせられるので、家族とのつながりを常に感じられるプランでもあるのだ。

理想の家を具現化した住宅casa carina

「casa carina(カーサ・カリーナ)」の各プランについて大まかに説明してきたが、いかがだっただろうか。「casa carina(カーサ・カリーナ)」はデザイン性や機能性に優れているだけでなく、ライフスタイルに応じて選べるプランというのも、住む人にとっての住みやすさをサポートしてくれるような住宅なのだ。安心・安全でかわいい家に住みたい、そんな希望を持っている人は、1度この「casa carina(カーサ・カリーナ)」を検討してみるのも良いのではないだろうか。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa carina

街も心も輝かせる、かわいくて、かしこい家

「こんな家に住みたい」をカタチにしました