realestate

戸建賃貸住宅という新しい不動産投資を選ぶことで土地の有効活用をはじめよう!

現在は使っていない土地を相続などで引き継いだものの、どのように活用していけばよいかわからないという方もいるのではないだろうか。不動産は価値のある物だからこそきちんと活用していきたい。そのようなときに選択肢に入れておきたいのが戸建賃貸住宅という形である。どのようなメリットがあるのか、その魅力について確認してみよう。

小さな土地でも活用の可能性が広がる

マンションやアパートを建てて賃貸収入を得るという活用方法は一般的だが、そのためには大きな土地が必要になってしまう。大きな建物と駐車場などのスペースが必要になるためだ。そのため、小さな空地を持っていても活用が出来ないということになってしまう。そういった大規模な建物を建てる形の活用が無理であっても、小規模な一戸建てであれば建てることが出来る場合もある。使い道がないと思われがちなところでも、一戸建てを建ててそれを賃貸するという戸建賃貸住宅という形であれば、活用することが出来る場合があるのだ。

入居期間が長くなりやすいメリットがある

一戸建てに住むのは、一人暮らしの方よりもファミリーの形が多くなりやすい。家族の人数が増えるとある程度広さや部屋数が必要になるため、一戸建てを選びやすくなるためだ。一人暮らしの場合、その後の結婚、就職などによって住まいを変える可能性も高く、その都度新しい借主を探す手間がかかってしまう。その点、ファミリーの場合は子どもの学校の都合や、同じ広さの住まいを確保することのむずかしさを考えると、ある程度長期間住み続けることになる。それだけ空室のリスクが少なく、安定した経営が望めるのだ。

戸建のニーズは高い

子どもを育てるときに、のびのび育てたいという希望を持つ家庭は多い。しかし、アパートやマンションなどの集合住宅では周囲への騒音を気にして、子供の声や足音をあまり経てないように気をつけなければならない。ペットなどを飼う事にも制限がある場合も多い。こういった問題を解決するために、戸建という形を選びたい家庭が多くなっているのだ。子供の数が増えると、部屋数が多く必要になるという事情も出てくる。こうした事情から賃貸でも戸建のニーズは高く、ある程度安定しているのだ。

ニーズの高さが戸建賃貸住宅の魅力

土地をどのように活用していくか考えた時に、戸建賃貸住宅という形は様々なメリットがあります。小さな土地でも活用しやすいことはもちろんですが、ニーズが高く安定して収益が見込めるという事も活用していくうえで重要なポイントです。本格的に土地活用を考えるのであれば、借り手が付きやすい魅力的な戸建賃貸住宅を作っていくことを検討していきましょう。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。