news

渋谷の最高峰ビルディング「渋谷スクランブルスクエア」が11月1日にオープン!

100年に1度といわれる大規模再開発が行われている渋谷。2019年11月1日(金)、東京急行電鉄、東日本旅客鉄道、東京地下鉄が協業する施設「渋谷スクランブルスクエア」(第一期)がオープンしました。

渋谷の最高峰ビルディング「渋谷スクランブルスクエア」

2019年11月1日に開業した渋谷スクランブルスクエア

渋谷駅から直結・直上でアクセス抜群なこの施設は、高さ229.706メートルの渋谷エリアで一番高いビルであり、フード・ファッション・カフェ・レストランなど212店のテナントが入っています。屋上には展望施設「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」がオープン。地上約230メートルの高さから360°のパノラマビューを楽しむことができるホットスポットです。

感性を刺激する最新鋭テクノロジーを駆使した空間

46階にある「時空の川」は、今、自分がここにいることを意識できる装置だ

「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」は、14階~45階の移行空間「SKY GATE(スカイゲート)」、屋外展望空間「SKY STAGE(スカイステージ)」、46階の屋内展望回廊「SKY GALLERY(スカイギャラリー)」で構成されています。「SKY GATE(スカイゲート)」では屋上に行く際にデジタルテクノロジーを使用した演出がなされており、屋上へ近づく感覚を視覚的に味わうことができます。

逆に地上階へ降る時は光を通じて下の階へ導かれていく感覚になります。人間は光があると「何かがある」と光の方向へ進んで行く生き物。「SKY GATE(スカイゲート)」ではいかに光の方向へ導かれ人間の興味を最大限に引き出して行くかを体感することが出来ます。

「想像力を刺激し、知的好奇心を育む」というコンセプトで造られたこの展望台。「渋谷スカイ」の中で入場してから退場するまでの時間、新しい刺激を受け続けることができますね。

渋谷にいることを忘れてしまいそうな最高の眺望

「SKY EDGE(スカイエッジ)」には目の前に絶景が広がっている

地上14階にある入場口から高速エレベーターで一気に45階に昇ると、真下にある渋谷のスクランブル交差点を見下ろすことはさることながら、近くの明治神宮や新宿の高層ビル群、東京タワーに東京スカイツリーなど360°を見ることが可能です。天気が良いときは東京湾や富士山を眺めることもできます。

流石は日本最大級の屋上展望台空間(約2,500㎡)。この解放的な空間を味わえるのは「渋谷スカイ」ならではかもしれません。

空と一体になる感覚を味わえるクラウドハンモック

空と一体になった感覚を味わえるクラウドハンモックや、東京タワー方面にソファーが多数配置されているので、天気の良いときは景色を眺めながらゆったりするのも「渋谷スカイ」での醍醐味ではないでしょうか。

天気次第でどこまで眺めることが出来るか、訪問する日が楽しみになりますね!

「空」の漢字をモチーフに!空と大地を連想させるロゴマーク

屋上に設置されたロゴマークは意味を知ってから見てみると面白いかもしれない。

「渋谷スカイ」のロゴマークには、漢字の空をモチーフに水平、垂直、斜めの分割線で構成したスカイグリッドによって作られています。色は大地とそこから広がる大空をイメージしつつ、展望台の床の色である黄緑と茶色、そして空を連想させるような色合い。

屋上にもロゴマークが設置されているので、「渋谷スカイ」に遊びに行った際には必見です!

「渋谷スカイ」の思い出に!お土産コーナー

渋谷スカイ限定のお土産を購入できる

渋谷の空の中を充分に堪能した後、お土産コーナーに立ち寄ることもできます。「渋谷スカイ」のみでしか手に入れることができないお土産も多数取り揃えてあるので、渋谷スカイの思い出に是非購入してみてはいかがでしょうか。

渋谷の街を歩きながら楽しむのではなく、渋谷の空の中を楽しむ、渋谷での新しいランドマークになること間違いなしですね。

SHIBUYA SKY

営業時間:9:00~23:00
URL : https://www.shibuya-scramble-square.com/sky/brand/
入場料:WEBチケット 大人1,800円 当日窓口チケット 大人2,000円

 

新業態店舗・渋谷初出店・日本初上陸…「渋谷スクランブルスクエア」には注目の店舗が目白押し

地下2階から地上14階までが営業面積約32,000㎡の都市型商業施設。変化が著しい街渋谷の中で旬を体感できる「世界最旬宣言」をビジョンとしています。

 

正に渋谷スクランブルスクエアのコンセプト「ASOVIVA(アソビバ)」の通り、時代の最旬を求めて渋谷にやってくる人々をVIVAな気持ちにさせてくれます。

 

話題の商業施設には注目のショップの確認が付きもの。日本初出店は7店、都内初は4店、渋谷エリア初は45店となっており、どちらの店舗も必見です。

新業態!カフェと本屋が併設されている他、新たにシェアラウンジも併設された「TSUTAYA BOOKSTORE」

 

注目の新業態店舗は、地上11階にある「TSUTAYA BOOKSTORE」。

2万冊もの書籍が並んでいる

スターバックスと本屋が併設された店舗には「旅は人を”クリエイティブ”にする」をコンセプトに、2万冊の書籍が並んでいます。「BOOK&CAFÉスタイル」でコーヒーを片手に書籍をゆっくりと選ぶことができます。

蔦屋書店にはお馴染みのスターバックスコーヒー

他にも「TSUTAYA BOOKSTORE」に併設されている「SHARE LOUNGE」。

これからの時代を担うクリエイティブ・クラスワーカーが、刺激やアイデアを見つける場所として利用できます。

SHARE LOUNGEの入口

利用時には予約と利用料金が必要ですが、快適に仕事するための設備やアメニティ、フリードリンク、脳を活性化させる効能があるナッツ、アイデアと刺激のつまったマガジンライブラリーも自由に閲覧することができます。

渋谷の街並みを見下ろしながらの作業は最高

渋谷の街を見下ろしながら創造的なアイデアを生み出していく最高の場所になるに違いないでしょう。

 

「SHARE LOUNGE」の公式サイトはコチラ

奈良の街並みをイメージした店内!「中川征七商店」の旗艦店

 

創業300年の「中川政七商店」が日本最大級の旗艦店を地上11階にオープンしました。

 

「日本の工芸を元気にする!」をビジョンに、日本国内の約4,000品もの工芸がこちらの店舗で販売されています。

 

店内は創業の地奈良の街並みをイメージしています。この店舗に来た日本人のお客さんはどこか懐かしい気持ちに、外国人のお客さんは何か新鮮な気持ちになるのではないでしょうか。

のれんが掛かった店舗入口もどこか懐かしい気持ちにさせる

流行に敏感なおしゃれな女性の味方!ファッションストア428‐224(シブヤ224)

 

4階のレディースファッションに位置する428‐224(シブヤ224)は、東急百貨店がプロデュースショップした大人の女性に向けたファッションストアです。

 

コンセプトは「SHIBUYA FASHON PARK」。独自のスタイルと個性を持った複数のコーナーが店内に並び、国内外から旬なブランド50以上をセレクトしています。

 

こちらの店に足を運べば、日本のみならず世界の流行を取り入れられること間違いなしですね!

 

日本初上陸のショップなど注目店舗が集まる「ecute EDITION(エキュート エディション)」

地上1階。多くのお客さんが訪れている

地下2階から地上1階までは食物販が中心に販売されています。地上1階には東急百貨店が運営する「TOKYU Foodshow EDGE(トウキュウ・フードショー・エッジ)」と、JR東日本リテールネットが運営するエキナカ商業施設「エキュート」の新業態「ecute EDITION(エキュート エディション)」が同時に出店しています。鉄道会社3社が協業しているからこその新しい取り組みです。

長蛇の列が絶えない「MORI YOSHIDA」

世界各国から注目を集めるフランスのパティスリー「MORI YOSHIDA PARIS(モリ・ヨシダ・パリ)」やフランスで5回もの星を獲得した「THIERRY MARX LA BOULANGERIE(ティエリー マルクス ラ ブーランジェリー)」、ハワイで数々の受賞実績があるハワイのヴィーガンカフェ「Peace Cafe Hawaii(ピースカフェ ハワイ)」など話題性たっぷりのお店が日本に初上陸しています。

地下2階の「ティエリー マルクス ラ ブーランジェリー」
地上1階の「堀内果実園」。ドライフルーツなどを取り扱う

明治36年、奈良・吉野で開墾。ドライフルーツなどを完熟・国産・無添加のこだわりで販売している「堀内果実園」は東京初出店となっています。

店頭にはお客さんで溢れる「バターバトラー」
「ベーカリーサンチノ」にはこだわりのパンが多数店頭に並んでいる

その他、世界中からの選りすぐりのバターを使用したフィナンシェ・ガレット専門の「バターバトラー」や、日本各地の素材を使用したこだわりのパンレトロなパンを販売し、パン好きにはたまらない「ベーカリーサンチノ」など多数の店舗が渋谷初出店となり、どのお店も必見となっています。

地下2階から地上1階まで「初」が多く出店しているので、必ず足を運びに行かないといけませんね。

 

今回オープンしたのは渋谷スクランブルスクエアの東棟。2028年には中央棟と西棟もオープンし、70,000㎡の商業施設になる予定です。

今後の渋谷スクランブルスクエアの進化にも目が離せません。

渋谷スクランブルスクエア

営業時間:10:00~21:00(ショップ)11:00~23:00(12F レストラン)11:00~24:00(13F レストラン)
URL:https://www.shibuya-scramble-square.com/
住所:東京都渋谷区渋谷二丁目24番12号(渋谷駅直結・直上)

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。