cube

デザインだけでなく機能性も充実!専門家も魅了する「casa cube(カーサ・キューブ)」

2007年に登場し、日本中で愛されている「casa cube(カーサ・キューブ)」。美しいこの四角い家はシンプルなデザインが印象的だが、特筆すべきなのはデザインだけでない。住む人のことを考えて、機能性や内装の細部までこだわった住宅なのだ。

徹底したデザインへのこだわり、優れた機能性から生まれる快適性などの理由から専門家が絶賛するcasa cubeの魅力を紹介する。

casa cubeとは

casa cubeは、今までの家づくりにおける常識を覆す商品住宅だ。家は南向きに建てるべきだとか、窓はできるだけ大きくするべきだなどと、私たちが当たり前のように「常識」と考えていることを一切取り払いゼロベースで再構築したという。住む人が本当に必要とするものを考え、今までにないデザイン・機能性を持った住宅が生まれた。

徹底したデザインへのこだわり

casa cubeでこだわったのは、「過ごしやすい」「飽きない」デザイン。オリジナルの建具を使うところや、なぜ外壁が塗り壁なのか、それは全てデザインを探求した結果なのだ。

建具

天井の高さまであるオリジナルドアは、高さ2400mm。枠はドアを何千回と開閉することでクロスがよれたりしないよう、スタイリッシュな8mmの3方枠。このドアと細枠が縦の広がりと開放的な空間を演出している。また取付け金具にはピボットヒンジを採用し、シンプルでありながら存在感のある、細部にまでこだわった建具となっている。

外壁

住むほどに風合いが増し、味のあるエイジング(経年変化)が楽しめるのも、casa cubeの外壁の魅力。また、高耐久であることも、casa cubeの外壁の特徴の1つ。パネルのジョイントが無いため、長期間メンテナンスが不要となり、コストパフォーマンスにも優れている。6つのカラーバリエーションをラインナップ。

 

優れた機能性から生まれる快適性

「常に快適な温度と湿度を保つこと」「くつろげる空間を演出すること」にこだわり、素材や設備を厳選。細部に渡り様々な技術が使われている。

フローリング

表面に施された「強化フィルム+硬質バッカー」のダブル効果で、日常生活から生じる様々な衝撃、 劣化やペットの引っかき傷、汚れから素材を守り、いつまでも美しいフローリングを実現。耐熱性にも優れており、温湿度変化によるクラックを抑制する。

クロス

casa cubeの象徴でもある真っ白な壁紙は、外部からの自然光や照明を反射させる効果があるので、 より白く、明るい空間を演出することが可能。また、国土交通大臣認定のホルムアルデヒドの放散レベルが最も低いものにつけられる「F☆☆☆☆(フォースター)」を取得。化学物質の放散量が少ないので安心して使える。

照明

天井面をキャンパスと捉えてデザインすることで、天井面にダウンライトが美しい形で配置され、 手元の作業に必要な明るさも十分に確保。casa cubeの白い壁によって、光が空間内で反射を繰り返し、 壁面まで充分に広がる。

天窓

天窓に使用している遮熱断熱ガラスは太陽熱をしっかりブロックします。日射熱を71%もはね返すので、夏は涼しく快適。冬も室内の温かい空気を逃がさない。また、同じ面積の窓の約3倍の採光を確保。照明がなくても光が十分に入ってくるので明るく快適。強化ガラスなので、飛来物があっても安心・安全。防犯性にも優れている。

塗装

塗装に使う組成成分は、体と地球に優しい天然系。海・山・森・土の天然素材を、その特徴を生かして独自にブレンドした天然スタイル塗壁で、卵の殻・ゼオライト・未焼成珪藻土・つのまた糊など、それぞれの成分が調湿や脱臭をはじめ優れた機能を発揮しつつ、お互いがバインダーの役割をして強度を確保している。

防犯対策もバッチリ

一般の家に多い張り出しの窓が一切ないcasa cube。人が通れないほどのスリット窓を採用しているので、玄関の鍵をかけるだけで空き巣被害を防ぐことができる。

1階から2階にかけて縦に細長く伸びるスリット窓。その窓のガラスの幅はわずか12.2cm(防火窓は17.2cm)。すべり出し窓なので、どの方向からの風もスムーズに室内に取りこむことができる。また、どんなに痩せている人でも浸入することは不可能な幅ですので、防犯性にも優れた窓といえる。サッシ枠はアルミと樹脂複合構造、ガラスはLow-Eの複層ガラスを標準採用。嫌な結露も大幅に軽減。

土地が探しやすい

一般的に家を建てるには南向きが良いとされており、人気の方角は土地が高くなりがちだ。南向きを選ぼうと思うとコストが気になるが、casa cubeではどうだろうか。天窓から光が入り込むため、土地を選ばずとも明るい家をつくることができるのだ。

またcasa cubeに必要な敷地面積がコンパクトであること、そしてスリット窓により外部からの人の侵入を防ぐことができるため、旗竿地でも一戸建てを持つことが可能となる。

場所を選ばないcasa cube

デザインはもちろんのこと、内装や防犯性にまでこだわりが散りばめられているcasa cube。これなら土地が狭かったり見つけにくかったりする人気のエリアでも建てることが可能なのではないか。

商品住宅の良いところは、実物を確かめてから土地を探すことができること。一度casa cubeを確認した上で、選択肢の1つに加えてみてはいかがだろうか。

あべまなみ

あべまなみ

新潟県出身、横浜在住のフリーライター。中学時代にサックスを始め、自身もジャズを演奏することから、20歳のアメリカ留学時に単身でメンフィスとニューオーリンズへ。初めての一人旅で自分の可能性や新しい発見に出会える楽しさに気づき、その後「旅」にハマる。

2017年12月現在、渡航国は24カ国。好きなものはお酒といちご。

casa cube

いつまでも誰にとっても美しい、

シンプルな四角い家