design

建築家・深瀬ヤスノリが手掛ける家族みんなが思う心地よい暮らしを叶える「正解のない家」

建築家とつくるオーダーメイドだからこそ、従来の住宅の在り方にとらわれず自分の理想を形にすることができます。住まう人が多ければ多いほど、その理想はさまざまに。今回は建築家・深瀬ヤスノリがデザインした、家族みんなのこだわりを詰め込んだ自由な住宅をご紹介します。

川沿いに佇むユニークなデザインの平屋

川沿いの桜並木の横に建つ一軒家。エントランスにあたる木を基調とした部分と、グレーの外装部分の2つの変形した形を繋げた特徴的なデザインに。川に面した側にはテラスから続く縁側を設け、借景を楽しむことができます。

高級感のある「誘い込む」アプローチ

エントランスへのアプローチは木のデッキが伸びる先にあり、どこか旅館のような高級感が感じられます。玄関の扉を開くと家の中心部であるリビングが広がります。玄関部分に段差を設けず、フラットにして床を敢えて部屋に溶け込むような斜がかかったモルタル仕上げとすることで空間に統一感を持たせています。

家族に一体感をもたらすひとつながりのLDK

大きな窓から自然な光が注ぎ込むリビング。壁や仕切りを設けずにダイニングとキッチンも同一空間に配置することで、平屋でも広々とした印象に。家族の様子を確認しながら家事をしたり寛いだりすることができます。

こだわりの間接照明が生きる空間

天井部分に間接照明を取り入れることで、まるで美術館のような落ち着いた雰囲気に。オレンジ寄りの色味によって夜の空間は一変し、夜は一層リラックスして過ごすことができます。

季節を楽しむウッドデッキ

大きな窓の先にはウッドデッキが。フローリングと同素材でまとめることで統一感をもたせ、広々とした印象となります。外に出てももちろん、室内からでも季節の移ろいを日々感じることができます。

日が落ち始めると室内の暖かな照明がデッキを心地よく照らし、また違った「顔」を見せてくれます。

家づくりに正解はない

たくさんの家族と出会い、たくさんの暮らし方と向き合ってきた建築家だからこそ、既成概念にとらわれず、住宅に求められる要素は様々だと考えられるのかもしれません。玄関のドアをあければ段差もなくリビングで、子どもたちは廊下で勉強をする。誰の家でもなく、自分の家だからこそ、正解を求めるのではなく「自分がいい」と思う暮らし方を自由に叶えられる。家族の理想が詰まった住まいです。

構造:木造/規模:地上1階/建築面積:110.07㎡/延床面積:110.07㎡

林千華

林千華

新しいものよりヴィンテージに惹かれます。

建築家は坂茂が好き。

design casa

建築家と建てる家。

家族のライフスタイルを尊重した、

家族のための「特別な住まい」をつくりあげます。