skip

人もペットも飽きない家!スキップフロアの住宅「casa skip(カーサ・スキップ)」

スキップフロアの家「casa skip」にお住まいの田中さん宅におじゃましました。

柴犬のケンタ、チワワのわさびと暮らす田中さんご夫婦。休日はお二人の愛車であるFIATパンダとチンクエチェントにワンちゃんたちを乗せて公園や牧場へ遊びに行ったり、好きなアーティストのライブに出かけたりと、オンもオフも充実した日々を過ごされている。

スキップフロアの住宅「casa skip(カーサ・スキップ)」

そんな田中さんご夫婦が選んだが家がこの「casa skip」だった。「casa skip」はフロアの高さを半階分ずつずらして、交互に連続させる建築工法を取り入れた家だ。たとえば一般的な住宅だと床下になる空間も、「casa skip」の場合、部屋やストレージとして活用することができる。

田中さんのお宅の1階は、玄関を入ると右手に大きな収納スペースがあり、奥の少し下がった空間がベッドルームになっている。トイレやバスルームといった水回りがあり、さらには「インナーストレージ」「アウターストレージ」と呼ばれる収納スペースも設けられている。インナーストレージは奥さまのかおりさんのウォークインクローゼットとして、アウターストレージはご主人の陽一さんのガレージとして活用されている。

「寝室が一番落ち着きます。天井が少し低いのが逆にいいんですよね」とかおりさんは話してくださった。

自転車をはじめご主人の陽一さんの趣味のものを置いているアウターストレージについて、「ゆくゆくは棚をつけてお気に入りの工具を並べ、“男の隠れ家”のようにしたい」と楽しそうに語った。

エントランス脇の収納スペースはご夫婦が口をそろえて「すごく使いやすいです」とおっしゃった。その場所にはよく使う掃除道具や、靴好きの奥さまの靴がずらりと並んでいる。

「飾れるように収納できるのがいいですね」と陽一さんが言えば、かおりさんは「急な来客などがあったときはドアを閉めて、スペース自体を隠すこともできるのでとても便利です」と話してくださった。

ペットとの心地よい距離感

2階へ上がると、正面がダイニング、右手がキッチン、左手がリビングという空間構成になっている。

コーヒーを淹れるのが趣味という陽一さんが、キッチンに立つこともしばしばで、かおりさんはリビングで好きなアーティストのDVDを見ながら、淹れたてのコーヒーをのんびりと待つ、という素敵な時間を過ごされることもあるのだとか。

キッチンとリビング&ダイニングの半階上にあるフリースペースは、愛犬ケンタとワサビの遊び場であり、陽一さんの趣味である筋トレをするための運動スペースでもある。お二人が長い時間を過ごすキッチンやリビング&ダイニングから、ケンタとワサビの様子をいつでも確認できて安心なんだそうだ。

さらに階段を上っていくと、ルーフデッキに出る。ルーフデッキではドッグランとしてワンちゃんたちとボール遊びを楽しんだり、ときには陽一さんがテントを張って“一人キャンプ”を楽しんだりと、最高の趣味スペースになっているのだとか。

「casa skip」に住み始めて1年。陽一さんは「住んでいて、まったく飽きない」と言ってから次のように語ってくださった。

「半階ずつそれぞれの空間の高さが違うので、居る場所で見える景色がぜんぜん変わってくるんですよね。実はこの家、前に住んでいたマンションとほぼ変わらない広さなんですが、この家のほうがすごく広く感じるんです」

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa skip

高低差のあるフロアを交互につなげたスキップフロアの家。

シンプルな外観の中に日常を楽しむ工夫がギュッと凝縮。

広々と心地よく暮らせます。