piatto

「casa piatto(カーサ・ピアット)」などの平屋の家が若い世代に支持される3つの理由。

日本古来の住宅形式である平屋の家。団塊の世代には幼い頃に平屋で育った人たちが多いことと、子供が独立して夫婦二人で住むには丁度良いと言うことで、一定数の平屋ファンがいる。

しかし、今のミレニアル世代と言われる20代から30代の若い世代にも「家を建てるなら平屋」という人が増えている。

ではなぜ、平屋の家が若い世代に支持されているのだろうか。

1.ゆったりとした暮らしのイメージ

今の時代、20代から30代の若い世代は働き盛り。結婚や出産など人生の転機が訪れれば、少し郊外だったり、実家の近くだったりと比較的土地が広い場所に家を買うことも多いだろう。そんなときに日本の住宅事情に沿った従来通りの住まいは、物理的にも精神的にも余裕がなさそうに思えてくる。

少し余裕のあるライフスタイルを送ろうと思ったら、2階建てや3階建てにはない「ゆったり」としたイメージの平屋の家を選ぶのも自然な流れではないだろうか。特に「casa piatto(カーサ・ピアット)」のように、シンプルでモダンな平屋住宅なら、デザインにこだわりのある若い世代に支持されるのも当然だ。

2.平面的に暮らすことに慣れている

ここで言う20代から30代の若い世代は、子供の頃からマンションなどの集合住宅で生まれ育った人も多い。最初から平面的なライフスタイルに慣れているのだ。逆に、2階建て3階建てのような立体的な空間の使い方は想像し難いのかも知れない。実際、核家族化が進み、一人っ子の家庭も多くなり、家族の規模が縮小したミレニアル世代には、コンパクトな暮らし方が実現できる平屋が非常にフィットしていると考えられる。

特に「casa piatto(カーサ・ピアット)」のように、生活動線が合理的で家族のつながりが保てる平屋住宅は人気が高い。

3.ムダのない暮らしを実現できる

当たり前だが、平屋の住宅には2階3階がないので階段がない。階段やそれに付随する廊下を作る必要がないので、居室や各部屋、収納スペースなどを広く取り、本来必要な諸機能を充実させることができる。限られたスペースを有効活用して、無駄のない暮らしが実現できるのが平屋の家の大きなメリットだ。

 

もちろんこの3つは、数ある理由のたった3つだが、ミレニアル世代と言われる20代から30代の若い世代は、無駄な買い物をしないので、他にも平屋のメリットを数多く感じ、支持している。そもそもマイホームを買う人が減っているのだが、平屋のように確実な価値のある住宅であれば、今後さらに平屋の住宅が増えていくかも知れない。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa piatto

ひとりでも、ふたりでも、家族でも、

ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる。