sole

太陽光発電を標準装備にした「casa sole(カーサ・ソーレ)」の注目の5つのポイント。

太陽光発電を標準装備にした価値ある200年住宅が、「casa sole(カーサ・ソーレ)」という商品住宅だ。省エネと持続可能性を追求した「casa sole(カーサ・ソーレ)」は、強さと快適さを兼ね備え、「住み続けたい」と思える価値がある住宅である。「いま住みたい」と思ったら30年、いや100年続く住宅でもある。そんな次世代のための住宅とも言える「casa sole(カーサ・ソーレ)」の注目の5つのポイントを紹介する。

1.家庭にも地球にも優しいエコな生活が送れる

エコな暮らしを送りたいと思ったらcasa sole に住むといい。太 陽光発電とオール電化を標準装備し、家庭にも地球にも優しいエコな生活を実現してくれる。屋根と一体化してみえるスマートな太陽光パネルは、太陽の光をもっとも効率的に取り込むように、傾斜角度30度に設計されている。発電した電気はムダなくエネルギーに変換され、生活に必要な電気のほとんどまかなうことができる。

2.美しさが持続する住宅

casa sole をすっぽり覆うガルバリウム鋼板は、耐久性が強く、汚れにくく色あせない素材なので、いつまでも美しい外観を実現。。一般的な住宅なら10年に1回は必要とされる外壁塗装が、casa sole なら30年に一度で済み、時を経ても劣化しにくく、美しさをキープできる。

3.春夏秋冬どの季節でも快適な高気密・高断熱

ダブル断熱工法を採用したcasa sole は、柱の外側(建物の構造体)にも断熱材を張り、家全体を断熱材ですっぽり覆うことで春夏秋冬どの季節でも快適な高気密・高断熱を実現している。まるで魔法瓶のよう に「室温を守る」家がcasa sole なのである。

4.最高ランクをクリアする耐震性

木造では最高ランクの「耐震等級3」をクリアしたcasa sole は、震度7クラスの地震にも動じない、強さと頑丈さを誇っている。構造材にはJAS により品質を保証された高強度のLVL 材を使用し、壁には「壁倍率 3.9パネル」を採用している。casa sole は大きな地震があってもあなたの家族と財産を守るのだ。

5.フレキシブルに対応できる間取り

casa sole は、暮らし方や住む人に合わせて、 間取りが何度でも変更できるフレキシブルな住宅である。構造そのものが堅牢なため、内部を壁で仕切って強度をプラスする必要がなく、家族構成やライフスタイルの変化によって、間仕切りパネルを増やして部屋をつくっていくことが可能だ。

 

たとえば30年後「自分たちの選択は正しかった」と誇らしく思え、60年後は「自分たちの親は賢い買い物をした」と子世代がつぶやく。そして、100年後には、「建ててくれた世代に、ありがとうを言いたい」と、みんなが口をそろえる脈々と受け継がれていくだろう住宅が「casa sole(カーサ・ソーレ)」だ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa sole

エネルギーを極力使わず、エネルギーを生み出し

永く暮らせるための今、もっともECOな家。