rozzo

自分好みにインテリアコーディネートできる家「casa rozzo(カーサ・ロッツォ)」

隅々まで自分自身が全てコーディネートできる住宅というものは存在しない、そんな概念を覆すような住宅がこの「casa rozzo(カーサ・ロッツォ)」だ。「casa rozzo(カーサ・ロッツォ)」の持つシンプルさの中にもインダストリアル感のある内装は、住む人の「らしさ」を活かせるようなものになっている。家にライフスタイルを合わせるのではなく、ライフスタイルに家を合わせるという時代の到来を感じさせる家だ。

自分の「らしさ」に合わせ選べる5つのスタイル

casa rozzo は、5つのインテリアスタイルから自分「らしい」ものを選ぶことが出来る。アウトドアを重視したモンターニャスタイル、落ち着いた正統派の暮らしが出来るクラシカルスタイルなど、求めるものにより違う基本スタイルを選べるのだ。基本のスタイルを選んだら、その後は様々な形に家をコーディネートすることが出来る。casa rozzo の持つ、インダストリアルな雰囲気を活かしたシンプルながら力強い家、ガーデニングや家庭菜園に囲まれた優しい家など、その人のセンス次第で可能性は無限に広がる。

素材の一体感も自分「らしさ」を表現するためのツールになる

casa rozzo は、内装に使用している素材を統一しているという特徴もある。玄関から収納、キッチンといった生活動線に使用される素材を統一し、室内の設備に一体感を持たせることにより、自分「らしさ」をより表現しやすい空間を生み出しているのだ。生活動線との調和を目指すもよし、生活動線と趣味の空間などを完全に切り離すような作りにするもよしといったフレキシブルさを持つのも、このcasa rozzo の大きな個性と言えるのではないだろうか。

様々な世帯・様々なニーズに適応する住宅

ライフスタイルや趣味・趣向といった点だけではなく、子育て世帯・夫婦のみの世帯といった世帯に応じての対応力を持つという事も、casa rozzo の魅力だ。子育て世帯に嬉しい点には、キッチンとワークテーブルが対面しているという点がある。キッチンで料理や後片付けなど手の離せない作業をしていても、ワークテーブルにいる子どもとのコミュニケーションをとることが可能なのだ。いつでも家族がつながっていられる、暖かい住宅という側面も持つ。さらに夫婦のみの世帯であってもこのポイントはメリットでもある。いつでもどこにいてもお互いのことを思いやり、笑顔の絶えない家庭になるだろう。

無数にあるコーディネートで「らしさ」を表現しよう

ここまで、自身の「らしさ」を細部まで表現できる住宅は今までにあっただろうか。「casa rozzo(カーサ・ロッツォ)」の持つインダストリアルの雰囲気は、自分自身の表現の場としての格好の舞台である。家造りに自由を求めている人や、徹底的に1つの目標に向かって家をコーディネートしたい人などは、このcasa rozzo(カーサ・ロッツォ)を検討してみるのも良いのではないだろうか。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa rozzo

シンプルな美しさの中に”あなたらしさ”が宿る家。

「simple but yours」住む人”らしさ”が、この家の主役です。