cube

見飽きることのない外観と使いやすい間取りの「casa cube(カーサ・キューブ)」

「casa cube (カーサ・キューブ)」は、四角い形状が特徴的な建物で、大きな窓がないため天井に設けられたトップライトから光を取り入れる作りになっている。一方で、独特の見た目にもかかわらず、内部は非常に機能的な間取りとなっている使い勝手のよい家でもある。以上を読んだ方は、この建物の外観のデザインと間取りについてより深く知りたくなってくるのではないだろうか。

可能性は無限大

casa cube の内部は白を基調としたシンプルなデザインとなっているため、居住者が自分の好みにアレンジすることが可能である。また、2階の間取りは自由にスタイリングすることができるようになっているため、子供が小さいうちは大部屋にしておき、成長して子供部屋が必要になった時点で細かく間仕切りを設けることができる。また、子供が大きくなって家を出た後は夫婦それぞれの部屋を用意することができることから、長期にわたって住み続けても不自由を感じることはないであろう。このように、決まった間取りが用意されていない柔軟性がcasa cube の内部の最大の特徴であるということができるのである。

細部にまでこだわった作り

casa cube は間取りだけでなく、インテリアの細部に至るまでこまかなこだわりが詰め込まれている。例えば、室内のドアを開けると解放的な雰囲気を感じることができるような設計になっていたり、ドアを何回開け閉めしても壁のクロスによじれが生じないような作りになっているといった点である。スケルトン階段が採用されているなど、基本的にはモダンなデザインとなっているが、単にシンプルな作りという一言では言い表すことが難しい機能的な設計が随所に施されているのである。また、素材に用いられているスチールや踏板などは、あらかじめ用意されている数多くの種類の中から居住者の好みに応じたものを選ぶことができるようになっているため、自分だけの家を実現することができるというのも特徴の一つである。

見飽きることのない外観

casa cube の外観のデザインは、白亜の立方体という一言で形容することができる。シンプルモダンなデザインからは、内部の機能的な構造を想像することは難しいのであるが、そのギャップこそがこの建物の最大の魅力であるということができるだろう。

casa cubeに住んでみよう

「casa cube(カーサ・キューブ)」はシンプルな外観でありながら、機能性に富んだインテリアが特徴の家である。いつまで見ていても飽きることがない上に、ライフステージに応じて間取りを変化させることが可能であるため、長期間にわたって住み続けても居住者が不自由に感じることはほとんどないであろう。戸建の購入を検討されている方は、ぜひ検討することをお勧めする。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa cube

いつまでも誰にとっても美しい、

シンプルな四角い家