cago

シンプルにデザインする間取り「casa cago(カーサ・カーゴ)」で叶える理想の小屋暮らし

断捨離という言葉をご存知だろうか。不要なものを捨てて身軽で快適な生活を送ることだ。これまでのものにあふれた生活を見直し、本当に必要なものだけを手に入れることが理想的とされるのである。そういった風潮が生活の拠点ともなる家にも影響を与えている。これまでの広くて多くのものに囲まれた家ではなく、6畳のカーゴをシンプルな暮らしに合わせて「組み合わせる家」。最低限の必要な間取りで快適な小屋暮らしを送るのだ。

6畳=1カーゴは組み合わせ次第

casa cago の組み合わせる家では、最小単位を6畳とし、1カーゴと呼んでいる。シンプルに暮らすためとはいえ、ただ単に狭い家を建てるのではない。家族構成や暮らし方、働き方などのニーズに合わせて1カーゴを組み合わせてそれぞれが思い描く快適な間取りを実現する。それぞれが1カーゴという規格を自分らしく配置することで調和のとれた美しい自分だけの家が生まれるのだ。規格化されたピースを組み合わせ、統制のとれたコーディネートが思い通りに完成することとなる。

地震大国日本で暮らすために

casa cago の小屋で暮らしていく中で、切り離せない問題のひとつが地震対策だ。日本で暮らしていく以上は、阪神大震災、東日本大震災など大地震の可能性が今後も捨てきれない。耐震性能はぜひとも確認しておきたい。casa cago の基本となる6畳サイズの規格は、それぞれが四角いピースとして独立した存在である。そしてこの四角いピースを組み合わせて空間を構成しているので、地震の揺れによる力を分散させて強い耐震性のある家を実現したのである。

casa cagoでマイホームをリーズナブルに

これまでの家づくりとは、すでにメーカーが建築した建売住宅か、あるいはユーザーがひとつひとつオーダーしていく注文住宅か、どちらかを選ぶものが主だった。そしてどちらもとても高額なものである。

casa cago は6畳というピース=1カーゴを規格として設定している。1カーゴを組み合わせることであらゆる間取りに対応するためだ。1カーゴを規格化し、建材や建具をすべて統一することで大量生産が可能になった。大量生産を実現したことで良質な建材を安定供給し、より低コストでリーズナブルに提供している。また室内のインテリアもデザイン化され、最低限のシンプルな生活だけでなくおしゃれな雰囲気も取り入れている。

間取りを組み合わせる家「casa cago(カーサ・カーゴ)」で自分だけの小屋暮らし

「casa cago(カーサ・カーゴ)」の家は、間取りを自分で組み合わせて理想の小屋を作る。これまで様々な住宅メーカーが挑戦してきた理想の家に、casa cagoはまた一歩近づいている。人生の多くの時間を過ごす大切なマイホームには、決して妥協することなくシンプルに理想を追い求めていきたい。自分だけの組み合わせで、自分だけの最高の空間を実現できるのはまさに「casa cago(カーサ・カーゴ)」の家である。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa cago

日本人に馴染みある6畳の組み合わせで

お客様が必要な形

必要な部屋数でつくる家