piatto

平屋の魅力を最大限に活かす「casa piatto(カーサ・ピアット)」の開放的な間取り

「casa piatto(カーサ・ピアット)」のpiatto(ピアット)は、イタリア語で「皿」を意味している。平屋というフラットな皿の上に、古来から存在する平屋スタイルで日本の家族と暮らしのカタチを守り、同時に現代のライフスタイルに叶った効率的なデザイン性で、深くい優れた味わいを一皿で表現している、それが「casa piatto(カーサ・ピアット)」だ。

平屋「casa piatto」は設計の自由度が高い

住宅を建てる際、その階を支える荷重大きいほど地震力は大きく設定される。平屋は、2階を支える必要のない分荷重が小さくなるため、地震力が小さくなってくる。地震力が小さいということは、法で定められた耐震壁量が小さくて済み、壁・柱・窓等の設計の自由度が高くなるということ。平屋住宅では2階建て住宅よりも、広さや開放感を感じられる広々とした間取りが実現できるのだ。

窓が大きくて広い空間を理想の住まいとしているなら、間取りの自由度が高い平屋が、あなたに最適な住宅である可能性はある。

広さと開放感を実感する

先に「間取りの自由度が高い」と述べた通り、平屋は大きな窓が設けやすく、2階がないことで天井に天窓もつけやすいため、光と風が通り抜ける明るく開放的な空間が演出しやすくなる。

階段がないことは、ワンフロアで暮らしが完結できる、室内の移動がスムーズとなる等、機能性が上がる。また、階段を設置することでできるはずのデッドスペースも生まれず、効率的に間取りを設計することができる。毎日の階段の登り降りがないというメリットも然ることながら、家族が上下階に分かれて過ごすことがないため、自然とリビングに集まりやすく、絆を深めやすいことは、平屋の最大のメリット言ってもよい。

正方形と長方形で選ぶ、理想の間取り

casa piatto では、予算・ライフスタイルに応じて、正方形プランと長方形プランを選ぶことができる。

正方形プランでは、家族が集まるLDKを中心に寝室・和室・水回りを配置し動線を考慮した間取りを実現できる。採光も3方向からとれるため、日光を感じる明るい暮らしが楽しめる。長方形プランでは、リビングの窓幅を正方形よりも大きくとることができ、庭と四季折々の景色と一体化した風情のある生活を味わうことができる。

家族は仲良く生活はシンプルな日本の暮らし

家族の絆は強い、それでいて生活は簡素。そして明るい日差しと共に一日を慈しみ、美しく移ろいゆく四季と共に一年を愛でる。

「casa piatto(カーサ・ピアット)」は、日本人が日本の風土のもと脈々と育んできた自然と共存する生活と情緒を重んじる暮らしを、現代の生活様式にマッチしたモダンデザインにより実現することができるのだ。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa piatto

ひとりでも、ふたりでも、家族でも、

ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる。