carina

『リンネル』によるコラボレーションハウス「casa liniere(カーサ・リンネル)」ができあがるまで。

  • 千春
  • 144 716

出版社と住宅メーカーがタイアップ!?

ライフスタイルを発信する雑誌『リンネル』がつくる、理想の住まい「casa liniere(カーサ・リンネル)」ができました。

出版社と住宅メーカーが異色のコラボ

 ファッション雑誌販売部数トップシェアを誇る株式会社宝島社が発行するファッション雑誌『リンネル』が、住宅メーカーと一緒に独自のセンスと読者の声をあつめて理想の住まいを実現!北欧テイストのコラボレーションハウス「casa liniere(カーサ リンネル)」ができあがるまでをご紹介。前編ではコラボまでの経緯と、リンネルが考える理想の住空間にフォーカスします。

出版社と住宅メーカーの出会いとは?

『リンネル』は、創刊以来“心地よい暮らしと装い”をコンセプトに、ファッションや、健康、美容など様々な情報を紹介する人気ライフスタイル誌。2010年の創刊以来、“毎日の暮らしを大事にしたい” と考える、「暮らし系」という新たな層を創出・開拓。近年の「ていねいな暮らし」に対する意識の高まりを受け、様々な企業が「暮らし系」をターゲットにした商品の企画・開発を行っているなかで、『リンネル』はこれまで、自治体とコラボレーションしたガラスや陶器などの手工芸の制作や、伊勢丹新宿店で取り扱う商品や売り場のプロデュースなど商品開発のお手伝いをしてきました。そうした紙媒体に限らず様々な展開を広げる『リンネル』の世界観に共感した南欧風住宅「casa carina(カーサ・カリーナ)」のメーカーである、カーサプロジェクト株式会社が住宅のプロデュースをオファー。今回の企画の始動に至りました。

南欧風住宅「casa carina(カーサ・カリーナ)」とは?

今回のコラボを仕掛けたカーサプロジェクト株式会社による南欧風住宅「casa carina(カーサ・カリーナ)」は、プロヴァンス住宅と呼ばれるような、地中海周辺の心地良い気候と美しい自然に溶け込むようにして佇む、優しい色合いによる「かわいらしさ」や、無垢材や漆喰、テラコッタを使用した「ナチュラルな手作り感」が特徴のシリーズ。

南ヨーロッパの田舎町や地中海リゾートを思わせる、おとぎ話に出てくるかのような可愛らしい外観が、特に女性からの圧倒的な支持を得ています。

北欧のエッセンスと機能性を日本の暮らしに

今回の「コラボレーションハウス」において、『リンネル』は厳しい冬が長い「北欧の住宅」が持つ居心地の良さにフォーカス。

さらに使い勝手の良い快適空間を意識し、「北欧のエッセンスと機能性を日本の暮らしに」をコンセプトとした理想の住宅を目指します。

南欧と北欧ではテイストが正反対と思われがちですが、南欧風デザインは、レンガやクリーム色の塗り壁、おだやかな青空に映えるようなヨーロピアンカラーがその特徴。北欧風デザインはシンプル・ナチュラルをコンセプトとし、木材などの個性をそのまま活かしたつくりが特徴といえます。

柔らかな質感・色合いと、自然の素材を活かしたそれぞれのデザインは、どちらもナチュラルな温かみのある雰囲気。

両者のいいとこどりでつくる住まいは、従来の日本の住宅にはない居心地のよい贅沢な空間に。

インテリアも抜け目なく

また、インテリアはパナソニックなどの有名企業のTVCMでもスタイリングを手がけ、

『リンネル』をはじめ、『大人のおしゃれ手帖』でも活躍するインテリアスタイリストの石井佳苗さんがセレクト。

 

女性ならではのセンスと、使い勝手を意識したスタイリングで暮らしやすさをアップ。

『リンネル』のこだわりとセンス、カーサの技術と経験によって完成した住宅は、次回の記事で詳しくご紹介します。

千春

横浜出身渋谷区在住のミレニアル世代の一人っ子。母方は佐渡島の系譜。趣味は料理とはしご酒。

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。