news

奈良公園内に隈研吾が建築デザインを手掛けるリゾートタイプのホテルが2020年6月5日開業!

世界遺産が溢れる街・奈良の「奈良公園」内に、隈研吾が建築デザインを手掛ける新しいスモールラグジュアリーリゾート「ふふ 奈良」が、2020年6月5日(金)に開業する。

隈研吾による古都奈良の景観を継承するデザイン

世界的建築家・隈研吾が手掛ける建築デザインは、古都奈良の景観を継承する大和張り、奈良格子、連子格子を設え、繊細で陰影のある表情を生み出す。木目の美しい吉野杉をふんだんに使用することで、奈良の魅力を世界に発信する。

日本を代表するランドスケープアーキテクト・宮城俊作が、両ゾーンの既存樹を積極的に活かし、この場所にふさわしい庭をデザイン。新たな庭は庭園遺構や再現される茶室と調和し、ふふ 奈良の景観を彩る。

隈研吾によるコメント

春日山のおおらかな自然と中世の寺院遺構が残る奈良公園・鷺池のほとりに、世界でも類をみない、庭を愉しむ和のスモールラグジュアリーをデザインしました。

深い杜と調和するヒューマンスケールな甍や吉野杉の大和張りがつくる陰影、野趣あふれる新旧の庭園など、奈良の歴史風土に根差した数々の設えが現代の「庭屋一如」を体現し、奈良公園と宿を引き立てます。

奈良の伝統と自然がおもてなす静謐で贅沢な時間に身をゆだね、ゆっくりと古都奈良を感じていただけることを願っています。

 

隈研吾プロフィール:1954年生。東京大学建築学科大学院修了。1990年隈研吾建築都市設計事務所設立。現在、東京大学教授。1964年東京オリンピック時に見た丹下健三の代々木屋内競技場に衝撃を受け、幼少期より建築家を目指す。その土地の環境、文化に溶け込む建築を目指し、ヒューマンスケールのやさしく、やわらかなデザインを提案している。また、コンクリートや鉄に代わる新しい素材の探求を通じて、工業化社会の後の建築のあり方を追求している。

歴史的文化財の復元し、奈良の新たな観光拠点の創出する

歴史ある庭園は名勝奈良公園に追加指定された当時、山口家南都別邸として日本を代表する実業家と芸術家の茶の湯文化を通じた交流の場。大阪の山口財閥の当主であった山口吉郎兵衛(やまぐち きちろべえ)は銀行家であるとともに、雅号を「滴翠」と号する茶道家でもあった。この山口吉郎兵衛(滴翠)の茶室を敷地内に復元する。

日本古来の文化を思わせる掘り込みのリビングを持つ客室

【客室】120㎡以上のVIPルーム
【客室】120㎡以上のVIPルーム 2室

日本人がかつて集いの場としていた縁側の過ごし方を現代のリビングが蘇る。掘り込みリビングのお部屋の段差は、快適なソファになったり、昼寝の布団になったり、座卓にもなり、それぞれのスタイルを創造する。

【客室】70㎡以上の広さ
【客室】70㎡以上の広さ 全30室

古来から床に座る日本のスタイルに近いかたちで過ごすことができ、懐かしさと新しさを感じながら、居心地の良いゆったりとした時間を過ごすことができる。

全室に客室露天風呂を設置

奈良の寺院を巡り、歩き疲れた体をゆっくりと温めてくれるプライベートの客室露天風呂を全室に設置。庭園の豊かな緑の香り、奈良の神聖な空気を感じながら入る天然温泉の湯。薬の発祥の地と言われている奈良で、薬草を使ったお湯を愉しめるのもこの地ならではの癒しを味わえる。

高級スキンケアSISLEYのSPA

フランスの高級スキンケアSISLEYのSPAでは、ふふ 奈良オリジナルの施術。奈良を感じさせる薬草の効能で、ここでしか味わえないラグジュアリースパを体験できる。

ふふ 奈良

TEL:0557-52-6606
URL:https://fufunara.jp
客室:5タイプ、30室(内、VIPルーム2室)
料金:¥77,000~1泊2食1室2名(税サ込・入湯税別)
開業日:2020年6月5日(金)
住所:奈良県奈良市高畑町1184-1

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。