yadokari

仕事もウキウキ。エアストリームの陽気なDIYオフィス

via: tinyhouseblog.com © Kat Alves

クラシカルなヴィンテージのキャンパーが、モダンでチャーミングなオフィスに生まれ変わりました。金の夢に湧きたったカリフォルニアのゴールドカントリーの森に、シルバーに輝くエアストリームが鎮座しています。キャンプグラウンドの開発のために、DIYでリノベーションされた陽気なモバイルオフィスです。

via: inntowncampground.com © Kat Alves

2016年7月にオープンした、カリフォルニア州ネバダシティのイン・タウン・キャンプグラウンド (Inn Town Campground)。ネバダシティの中心部から車でわずか5分の森の中、15エーカー(60平方キロメートル)の敷地には、RVキャンプ、グランピングテントなど70のキャンプ施設が並びます。プライベートポーチとユニークに内装されたクイーンサイズのベッドルームのあるテントやRVから、自力でピッチするシンプルなテントサイトまで、ゲストは予算と人数、目的に応じて幅広いキャンプの選択が可能です。

via: rhmimages.com

ダン・ティエムとエリン・ティエムの夫婦は、3年近くの歳月をかけて、この大規模なキャンプ村を完成させました。最初に必要だったのは、開発現場の監督と建設業者やクライアントとのミーティングのためのオフィススペース。RVパークのためのトレーラーをCraigslistで物色していたダンは、ヴィンテージトレーラーをオフィスに変えてキャンプ場に駐車するというアイデアを思いつきます。こうして、22 ft (6.7m) の64年型エアストリーム・サファリをレストアして、オフィスに改造するプロジェクトが始まりました。

via: inntowncampground.com © Kat Alves

「エアストリームがクラシックだからといって、スプレッドシートをチェックしたり、ビデオ会議をしてはいけない理由にはならないでしょ。ダンは手作業を通してインスピレーションを得る人。明るくて天然木材で満たされたオフィスをつくることで、キャンプグラウンドの開発にも同じ美的センスを吹き込むことができるし」と妻でビジネスパートナーのエリンは語ります。

できるだけ自然環境を保持して、気を散らすものがないクリーンなオフィス環境をつくること。エアストリームからもとのインテリアを撤去して、内装の再塗装、デスクとキャビネットとブラックウォールナットの端材を使った新しいカウンターの製作、壁のパネル張りとフローリング、照明と冷蔵庫の追加といったDIY作業に約6ヵ月の期間を費やしました。

via: inntowncampground.com

オフィスに入ると、フロントと一体化したカスタムメイドのビルトイン・デスクが目を惹きます。エアストリームからベッドを取り外し、フレームに沿ってラウンドするようにつくられた、落ち着いたデザインのデスクです。カスタムキャビネットには、ファイリングのための収納が含まれており、小さなスペースで文書を整理するのに役立ちます。

via: inntowncampground.com © Kat Alves

天然木材と広く取られた窓からの光は、周りの穏やかな自然環境とほどよくマッチしています。

via: inntowncampground.com © Kat Alves
via: doityourselfrv.com © Kat Alves

キッチンからはバーナーは外され、シンクとエスプレッソマシンを備えた明るく魅力的な「休憩ルーム」に変えられました。ドリンク用の小さな冷蔵庫も設置されています。

via: inntowncampground.com © Kat Alves

休憩ルームに置かれたビルトイン・ベンチは、陽気な柄のファブリックとファンシーなクッションとともに、クライアントとのミーティングにリラックした雰囲気をもたらしてくれます。

via: inntowncampground.com © Kat Alves

外に張り出された天幕の下で、ウキウキとアウトドアでのミーティングも可能。

via: doityourselfrv.com © Kat Alves

エアストリームオフィスの脇には、19世紀半ばのカリフォルニア・ゴールドラッシュを思い起こさせる、歴史的な中国人墓地が見えます。国内はもとより世界中から金の夢を追い求める人々が集まった、ゴールドカントリーの名残りです。キャンプグラウンドの近くには、鉄道・歴史マニアの人気スポット、狭軌鉄道博物館もあります。ユバ川へショートトリップして、急流のしぶきを浴びながらチルアウトするのもお薦めです。

ネバダシティは、ワイナリーとレトロでノスタルジックな建物が並ぶメインストリートで知られる可愛らしい街。イン・タウン・キャンプグラウンドには、キッチン、ランドリールーム、テレビ、読書室、スイミングプール、BBQエリアがあるコミュニティスペースも備えているので、長期滞在にも適しています。

via: rhmimages.com

ダンとエリンは、ウェブサイトやPinterestでエアストリームのオフィスの写真をチェックして、改装プロジェクトのインスピレーションを得ました。伝統的なオフィスの代わりに手頃な価格のトレーラーを使用したいと考える人に、エリンは同様にオンラインの情報を参考に構想を練ることをアドバイスします。

via: tinyhouseblog.com © Kat Alves

「手に届きそうにないサンプルでも片っ端からチェックして、予算に沿ってそれらのアイデアをカスタマイズするんです」とエリン。

ティム夫妻の例に従えば、レストア業者を雇う余裕がなくても、DIYで多くの仕事をすることでオフィスやモバイルハウスを完成させることができるということ。エアストリームの銀の夢は、あながち遠いものとは言えないようです。

Via:
inntowncampground.com
doityourselfrv.com
rhmimages.com
tinyhouseblog.com

YADOKARI

YADOKARI

YADOKARIは、スモールハウス/小屋/コンテナハウス/タイニーハウス/ミニマルライフ/多拠点居住を通じ、暮らし方の選択肢を増やし、「住」の視点から新たな豊かさを定義し発信します。

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。