realestate

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」での不動産投資が注目される6つの理由

「casita(カシータ)」とは、クオリティやデザイン性の高い戸建の賃貸住宅である。不動産投資といえばアパートやマンションが一般的だが、近年は戸建て住宅も注目されるようになってきた。それには6つの理由がある。

1.空室リスクが低い

まず1つ目は、空室リスクが低いことが挙げられる。マンションやアパートは複数の部屋があるので、その部屋数分の借主を探す必要がある。しかし、戸建ての場合は一戸につきひと家族分の募集をするだけでよい。さらにアパートやマンションに比べてまだまだ供給量が圧倒的に少ないことも要因の一つだ。

2.イニシャルコストを抑えられる

2つ目は、初期投資が少なくて済むということ。アパートやマンションを建てるのと一戸建てを建てるのとでは建築費用に掛かる費用にずいぶん差が出る。初期投資が少ない方が早くローンを返すことができるし、毎月の返済も低額で済む。

3.高い利回りが期待できる

3つ目は高い家賃で高い利回りが期待できること。一戸建ては独立して建っていて2階部分などもあり、駐車場も自由に使うことができる。その分マンションよりも高い家賃を設定することが可能だ。

4.入居期間が長い

4つ目は入居期間が長いケースが多いということ。戸建て住宅はファミリーで住むことがほとんどだが、マンションの場合は子供が大きくなると子ども部屋が欲しくなったり、部屋が家族のライフスタイルに対応しきれなかったりしてもっと大きなところに引っ越しをするというパターンが多いのに比べ、一戸建ての場合は面積も広く柔軟で部屋数も多いので、子ども部屋が欲しくなってもしっかりそのまま確保できるなどのメリットがあり、ライフスタイルに合った生活がそのままできるので長期で入居する場合が多いのだ。

5.敷地選びが柔軟にできる

5つ目は立地や土地の形状にとらわれることが少ないということ。アパートやマンションの場合はどうしても利便性や交通の便が良いところを選びがちだが、一戸建ての場合は駐車場は確保できるため、立地条件にあまりこだわらなくてもよいという点や、土地の形がよほどいびつでない限りは、その土地の範囲内で建てられるというメリットがある。

6.将来のリスクにも柔軟に対応

6つ目は将来のリスクにも柔軟に対応できるという点です。マンションよりも柔軟にリフォームしたり外壁を塗り替えたりしてメンテナンスもしやすいということもあり、また将来売りたくなったときにマンション一棟より売りやすいということもあります。

 

これらのことに加えて、戸建賃貸住宅は音のことで上下屋両隣の住人とトラブルになることもないというメリットがある。

「casita(カシータ)」は戸建て住宅出ることのメリットをしっかり生かしたうえで、注文住宅と変わらないクオリティで長期優良住宅を建てることにも対応しているため、手堅く資産形成をすることができる。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。