casita

今からでも遅くはない!戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」で始める不動産投資!

今から資産運用だったり、投資だったりを始めようと思っても、同じようなことを考える人も多いので、素人が何をやってもレッドオーシャンだと思うのは自然なことだろう。確かにいまどき絶対に勝てるブルーオーシャンの市場などほとんど存在しない。

ただ、不動産投資や賃貸経営の分野では戸建賃貸住宅という、比較的低リスクで確実に資産運用や投資が可能な分野がある。その中でも「casita(カシータ)」という戸建賃貸住宅であれば、今からでも遅くはなく、将来性がある投資となるだろう。

土地に対して柔軟に建築できる戸建賃貸住宅

賃貸経営を始めようと思ったら必要になるのが土地だ。アパートやマンションを建てようと思ったら、広くて駅から近いなどの条件の良い土地が必要になる。戸建賃貸住宅は、敷地に対して1棟づつレイアウトが可能で、敷地対応力が高く、変形地でも十分に建築可能だ。特にcasita であれば、1棟あたり25坪以上の土地があれば建築できるので、非常に柔軟である。また、ほとんどの戸建賃貸住宅の場合、駐車場も設ける想定なので駅からの距離などもあまり考慮しなくて良い。

リスクの低い戸建賃貸住宅

アパートやマンションのように建築費用が莫大な集合住宅に比べて、casita は1棟あたりの価格が非常にリーズナブルだ。希少性の高い戸建賃貸住宅という優位性やm広い居住空間を持ち合わせ、デザイン性やクオリティも高いcasita であれば、高利回りで運用が可能で、投資した資金の回収も早い段階で期待できる。また、物件の売却や相続などの出口戦略の部分でも高い柔軟性があるのが嬉しいところだ。

入居者のニーズに答える戸建賃貸住宅

平成28年に国土交通省が調査した「今後の望ましい生活形態」によると、全体の約70%が戸建住宅に住みたいという回答で、一方、同じ年の住宅着工棟数を見ると、賃貸住宅の中で戸建住宅の着工数は全体のわずか5.6%にとどまっている。つまり、戸建住宅に住みたいという要望をみんなが持ちながらも、賃貸住宅市場においてはニーズは全く満たされてないことがわかる。供給に比べて圧倒的に供給数が少ない戸建賃貸住宅は、これからの入居者のニーズに答える賃貸住宅と言っていい。

 

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」で不動産投資や賃貸経営を始めることは、柔軟性やリスクの低さ、ニーズとどれをとってもこれからでも遅いということはない。あなたも「casita(カシータ)」での不動産投資や賃貸経営を検討してみてはどうだろうか。

カシータ

カシータ

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。