cago

「casa cago(カーサ・カーゴ)」は自由な間取りを楽しむミニマルでユニークな平屋の住まい

「casa cago(カーサ・カーゴ)」は、6畳を「1 cago」とし、cagoを組み合わせることでさまざまな間取りを実現する、ユニークで汎用性の高い平屋住宅だ。必要な間取りの中にライフスタイルを設計する、オリジナリティをたっぷり詰め込んだミニマルな家がcasa cago(カーサ・カーゴ)なら実現できる。そんな「casa cago(カーサ・カーゴ)」がもつ魅力とは、一体どのようなものなのだろうか。

無駄のないミニマルな間取り

casa cago 最大の特徴とも言える大きな魅力が、6畳単位でピースのように間取りを組み合わせ、自分に必要なスペースのみで構成された住宅をつくれる点だろう。自宅の中にデッドスペースを抱えるケースは少なくない。しかしすでに完成されたスタイルの家から、自分にとって無駄なスペースを省くことは非常に難しい。casa cago は、自分で自由に間取りを組み合わせて創造できる。したがって、デッドスペースが生まれないのだ。シンプルでおしゃれで使い勝手が良く、非常に暮らしやすい。

また、平屋は敷地面積が広くないと建設が難しいというイメージがあるが、ミニマルな間取りのcasa cago なら、限られた敷地を最大限に活かし、憧れの平屋住宅を手に入れることができる。

個性を形にするスタイリッシュなデザイン

casa cago はミニマルな間取りの中に、自分らしさを詰め込んだスタイリッシュなデザインを実現することも可能だ。例えばcago とcago をつなぐスペースをアウトドアダイニングのように活用するアイデアがある。露天風呂のようにバスタブを屋外に設置し、ウッドデッキにグランピングを思わせるようなラグジュアリーなダイニングセットを配置する。暮らしの中に大胆な遊び心を設けた、ユニークな間取りだ。

casa cago はすでに完成したcago を組み合わせてつくる。cago の組み合わせは、アイデア次第でどこまでも広がる。洗練されたフォルムをどのように活かしていくかは、まさに個性が光るところである。1から自分で設計を考えるのは、手間も時間もかかり大変なことである。かといってすべて業者に任せた家では、自分の家ならではの個性が足りないと感じる人も多いだろう。そんな絶妙なニーズに、casa cago はぴったりとマッチするのだ。

さまざまなロケーションに対応する汎用性

casa cago はロケーションを選ばない住宅だ。街の中はもちろん、山、海、どのような環境にも違和感なく溶け込める。また、casa cago の用途は自宅だけと限らない。すでにある住宅の敷地内に設置する離れとして、カフェなどの店舗として、生活圏から離れた土地に構えるセカンドハウスとして、さまざまなシーンに活用することができる。

「casa cago(カーサ・カーゴ)」でシンプルイズベストな平屋を実現しよう

ミニマルでスタイリッシュな平屋で暮らしたいと考える方には、「casa cago(カーサ・カーゴ)」がおすすめだ。自分の暮らしに必要なものを選び取り、パズルのピースをはめるように自由にデザインする楽しみは、「casa cago(カーサ・カーゴ)」でなければ味わえないだろう。洗練された機能的な住宅を「casa cago(カーサ・カーゴ)」で実現し、自分のライフスタイルをさらにブラッシュアップしながら、より充実した生活を送ろう。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa cago

日本人に馴染みある6畳の組み合わせで

お客様が必要な形

必要な部屋数でつくる家