realestate

土地や建物を相続したら土地活用の方法として戸建賃貸住宅で賃貸経営してみよう!

相続は不動産を手に入れるタイミングの典型例の一つで、相続した土地や建物をどのように運用するかで悩んでしまうことは多い。不動産を相続したときにはどのようにして活用するのが良い方法なのだろうか。相続した建物を放置してしまうと空き家問題が発生することになるため、積極的な活用方法を知って資産形成につなげよう。

戸建住宅があるなら賃貸しよう

相続したのが一戸建て付きの土地なら、できるだけ費用をかけずに賃貸経営できないかを考えてみるのがまず重要だ。相続した戸建住宅を改修して戸建賃貸住宅として入居者を募集している事例は増えてきている。相続する直前まで誰かが住んでいた場合には建物自体もあまり劣化していないので、簡単なリフォームだけで使えることも多い。より多くの入居者を募るためにリノベーションをしてトレンドに合った仕様にするのも良い方法だ。このようにして建物に手を加えてそのまま活用するのは有効な運用の仕方である。

建て替えをして土地活用をしよう

相続した一戸建てがみすぼらしい姿になっている場合は入居者が集まるとは考えにくく、築年数も古いことからいつまでも運用するのは難しいという場合もある。そのときには建て替えをして戸建賃貸住宅を建てれば土地活用が可能だ。もともと一戸建てが建っていた土地なため、面積的にも新しく一戸建てを建てるのはそれほど難しくはない。新築住宅は賃貸業界でもかなり人気が高いため、家賃も高めに設定して賃貸経営できるというメリットもある。初期費用は高くなるが、長期的に見れば取り返すこともできるだろう。

戸建を建てるメリット

土地活用ならマンションやアパートを建てて賃貸経営をすることも可能だが、戸建を選ぶのにはメリットがある。戸建の場合にはマンションやアパートに比べて建築費用が少なくて済むため、投資リスクを低減させられるのが特徴だ。また、集合住宅に比べると戸建住宅を賃貸するときには長く住むことを念頭に置いている場合が多く、入居者が見つかると安定して長期的な家賃収入を得られる可能性が高い。建物の管理も基本的には入居者に任せられるので、賃貸管理の手間も少なくて済むのもメリットである。

相続した土地の活用なら戸建住宅を賃貸しよう

相続によって土地や建物を手に入れたなら、戸建住宅で賃貸経営をすることを考えよう。マンションやアパートに比べて初期費用が少なくて済むことに加え、長期的に住みたいという入居者が現れることが多いので投資リスクが低いからだ。相続した一戸建てを使うこともできるため、相続した土地や建物の用途で困ったら賃貸経営に活用するのがおすすめだ。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。