worldarchitecture

デ・ヤング美術館と対峙するレンゾ・ピアノによる「カリフォルニア科学アカデミー」

ゴールデン・ゲート・パークのヘルツォーク&ド・ムーロンがデザインした「デ・ヤング美術館」の目の前には、パリのポンピドゥー・センターや関西国際空港旅客ターミナルビル、バーゼルのバイエラー財団美術館などを手掛けたイタリアの建築家レンゾ・ピアノによる「カリフォルニア科学アカデミー」がある。このカリフォルニア科学アカデミーは、水族館や亜熱帯温室、プラネタリウムが一体となった世界最大の自然史博物館で大人から子供まで様々な来訪者が引っ切りなしに訪れる人気施設でもある。

軽やかな外観が周辺の緑と溶け込む

レンゾ・ピアノは、2008年の大規模なリノベーションの際に建築家として参画。展示構成などはランドスケープデザイン事務所SWAグループによるものだ。もともとある石造りのファサードに軽やかな鉄骨の柱や屋根がかかり、周辺の緑と溶け込むデザインになっている。

また、薄く見える屋根の上の屋上は緑で覆われたランドスケープになっているので、建築の存在感が消えてゴールデン・ゲート・パークの緑と完全に一体化して見える。

明るく軽やかな内部空間

外観と同じく軽やかな構造が続き、中庭やトップライトから自然光が注いで非常に明るい。細い構造を連続して使い、建築の存在を軽く見せて行く手法はいかにもレンゾ・ピアノの建築という感じだ。

立体的に自然環境を楽しむ

内部ガラスの球体は亜熱帯の森を再現した温室になっている。上部の円形のトップライトや自然光を再現した照明でジャングルを再現。その中を螺旋状の階段で立体的にどう植物観察を楽しむことができる。もう一つの内部が閉じた球体の中はプラネタリウム。

地上階にはいくつか池がありその中を色々な魚が泳いでいて、水族館になっている地下に行くと側面から魚やサンゴを観察することができる。地上から水中まで立体的に自然環境を楽しむことができる稀な施設だ。

 

「カリフォルニア科学アカデミー」は、レンゾ・ピアノ的な手法で構造的な要素が軽やかで、存在感をいい意味で消えている建築だ。そういう建築であるからこそ、純粋に自然環境を観察するというアクティビティを楽しむことができるのだろう。

 California Academy of Sciences – カリフォルニア科学アカデミー

開館時間:9:30~17:00(日曜日:11:00~)
電話:+1 415-379-8000
URL : https://www.calacademy.org
住所:55 Music Concourse Dr, San Francisco, CA 94118, USA

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。