sole

震度7の地震にも動じない家「casa sole(カーサ・ソーレ)」が頑丈な理由

あなたにとって住宅を購入する際の決め手となるのは、どこだろうか。理想に合ったデザイン?それとも予算内の価格帯?間取りを重視する人もいるだろう。しかし、本来住宅というものは家族が安心して末永く住み続けられる場所である必要がある。とくに地層のプレートが複雑に入り組んでいる島国の日本は地震が多く、頑丈な住宅を選ぶことが家族の安全に繋がるのだ。

太陽光パネルを常備した「casa sole(カーサ・ソーレ)」は、エコな暮らしを実現するだけでなく、そんな悩ましい耐震面についてもしっかりと対策がされている頑丈な家だ。

 

最高ランク「耐震等級3」をクリア

いくら頑丈と一概に言われても、何かしら賞を受賞していたり、国から認められている称号がないと安心できないもの。casa soleは、等級の木造では最高ランクの「耐震等級3」をクリアしている。これは建物がどの程度の地震に耐えられるかを示したもので、ニュースで大々的に取り上げられるような大地震の1.5倍の地震(震度7クラス)でも倒壊や崩壊をしない対策が行われている。

従来の耐震といえば壁や柱を多く使い補強する対策が主流だったが、casa soleは強度の高い構造用の素材や壁パネルを使用することで、耐震性に優れた快適な空間を実現した。

 

高強度の構造材によって安定した強さを実現

構造用の素材には高い耐震性と耐久性に優れた「LVL  JWOOD」を使用。LVL材は、JAS認定による高強度の構造材で、梁の折れにくさを表す曲げ強度や、せん断強度の部分で10~20%と他に比べて高い数値を示している。

地震の際に家屋が傾く原因として構造用の木材が土台にめり込むことが挙げられるが、LVL材は高圧のプレスを受けて高強度となっているため、他の木材に比べて衝撃に対する耐性が強い。建築基準法に定められためり込み強度を大幅に上回り、安定した強さを証明している。

 

壁パネルには国土交通大臣認定の「壁倍率3.9パネル」を使用

casa projectオリジナルの「壁倍率3.9パネル」は、筋かいや構造用合板を使わずとも従来の耐力壁に比べて約1.5〜2倍の強さを誇り、さらに熱に強いフェノール樹脂材をパネルと一体化させることで、高耐震・高断熱を実現している。今までは耐震性の強い住宅を作るのに耐力壁を多く用いらなければならなかったが、「壁倍率3.9パネル」を設置することで部屋内部の耐力壁の量を削減し、より開放的な空間を実現することに成功した。

 

頑丈な住宅で安心した暮らしを

家族の健康は、安心した暮らしができる頑丈な住宅という土台があってこそ。たとえ耐震構造を気にしてマイホームを検討したとしても、従来通りのまま進化していない耐震構造の住宅だと家族の身の安全は保障できない。ぜひ、今回ご紹介した「casa sole(カーサ・ソーレ)」の耐震実績をマイホームの検討材料に加えてみてはいかがだろうか。

キタトモミ

キタトモミ

東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。

「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。

見たことないもの、食べたことないもの、未知なるものを自分の体で確かめることにワクワクします。

casa sole

エネルギーを極力使わず、エネルギーを生み出し

永く暮らせるための今、もっともECOな家。