casita

「casita(カシータ)」を使って一軒家の賃貸経営、地方でおすすめの不動産投資

不動産投資は大きな借金を背負いリスクも大きいというイメージがあるはずだ。確かに株やFXなどは少額から始められる投資である。しかし、実物を伴わない投資であり、下手をすればギャンブルとさほど変わらない意見も多く聞く。地方では空き家問題が深刻化している事もあり、比較的リーズナブルに一軒家が建てる事も可能だ。今回は地方でおすすめの不動産投資を紹介する。

物件選びのポイントは

不動産投資で重要なポイントは物件選びである。一軒家はできれば、築35年以内で、人口が5万人以上から10万人以上がおすすめだ。また価格も600万以内の一軒家で見た目に問題の無い事も大切だ。日本の住宅で築50年を超えて賃貸で貸している物件はそんなに多くは無い。しかし築35年ならば、15年間は賃貸経営が可能だ。賃貸経営後に最後は解体して更地で売る事もできるからだ。田舎の中古での一軒家の賃貸経営では、利回りは最低でも13%から15%、10年以上賃貸すれば十分に利益が確保できるのだ。しかし、もし土地だけがあれば新築での不動産経営もおすすめだ。

ファミリー層向けのため学区も意識する

一軒家の賃貸経営は供給の数も少なく比較的、確実な不動産投資だ。しかし、入居者となるファミリー層の需要を満たした投資にしないといけない。ファミリー層にとってポイントは子供の小学校、中学校の学区が学校から半径2キロ以内の物件が望ましい。あまり遠いと保護者が学校までの送り向かえが必要となり負担が増えるからだ。また近くに不動産仲介会社がある事も重要である。これはある程度賃貸の需要がある地域の証だ。賃貸市場が小さすぎると、不動産投資としてはリスクが高くなるからだ。できるだけ賃貸需要がある地域を選ぶ事だ。

「casita(カシータ)」の一軒家での賃貸経営

「casita(カシータ)」の一軒家は初期投資が少ない事が魅力だ。少ない金額で投資できる理由は施工では同一の設計図を使用して、建材も同一にしてコストを削減しているからだ。そのため工期も大幅に短縮できるのだ。デザインも優秀な建築会社と、高い技術力を持っている工務店で、ネットワークを形成して、デザインと機能性も兼ね備えた一軒家の戸建賃貸住宅を提供できる。「casita(カシータ)」の戸建賃貸住宅は持ち家感覚を希望するファミリー層からも根強い人気が特徴だ。そのため多少駅から離れていても、十分に彼等の需要を取り込む事ができる。

不動産投資は新築がおすすめ

一軒家での不動産投資はこれまでは投資金額が高いイメージが根強くあるものだ。そのため初めての不動産経営は中古物件がおすすめだった。しかし、もしリーズナブルな価格で投資できる新築の戸建賃貸住宅があれば、長期的な観点では絶対に新築がおすすめだ。「casita(カシータ)」であれば長期的な投資でも十分投資資金が回収できる筈だ。是非不動産投資は新築の「casita(カシータ)」も検討してみるべきだ。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。