worldarchitecture

フランク・O・ゲーリーの衝撃的建築「ウォルト・ディズニー・コンサートホール」

ロサンゼルスのダウンタウンに一際目立つ、衝撃的建築が建っている。ウォルト・ディズニーの妻であったリリアン・ディズニーが音頭を取り、フランク・O・ゲーリーが設計し、2003年に完成した「ウォルト・ディズニー・コンサートホール」だ。

メインホールの音響は日本人の豊田泰久が担当し、オーケストラやプロの音楽家からも高い評価を得ている。

波打つステンレススチールのファサード

このウォルト・ディズニー・コンサートホールは、同じくフランク・O・ゲーリーが設計したグッゲンハイム・ビルバオと同じように、ステンレススチールのパネルが波打つ巨大な戦艦とも花びらが舞い散っているようにも見える建築だ。無機質な金属を大胆に使いながら流動的なフォルムをまとい、ダイナミックに生きているかのよう。

カリフォルニア、ロサンゼルスの強い日差しをステンレススチールのパネルが反射。美しいグラデーションを描き、それだけで彫刻作品やモダンアートのような存在感を示す。

水平垂直がない複雑な空間構成

ウォルト・ディズニー・コンサートホールも他のゲーリーの建築同様に複雑な空間構成がおもしろい。もちろん昨日的な動線はしっかりと計画しながらも、主要な柱や壁などの要素には水平垂直な箇所が見当たらない。

音楽に合わせて今にも動き出しそうな躍動感のある内部空間は、そこにいるだけで楽しくなる。

メインホールの他にもオープンなホールがあり、水平垂直でない湾曲した壁や天井も音響効果に一役買っている。

立体的な移動が楽しい空間

建築やデザインに理解があるカリフォルニアらしく建築の見学ツアーがあるなど、非常にオープンなウォルト・ディズニー・コンサートホール。この建築自体にドラマチックなスペースが多く設置されているため、音楽を聞くために訪れるだけでなく、ただ建築の中を立体的に歩き回るのも楽しい。

ところどころにステンレススチールの隙間から自然光が差し込む劇的な場所がある。

 

ウォルト・ディズニー・コンサートホールは、もちろんその奇抜なファサードも素晴らしいが、内部空間の豊かさという点でも一般の音楽ホールとは全く異なる。フォトジェニックな場所が多く用意されているだけでなく、建築の中を歩き回る楽しさが詰まっている。

Walt Disney Concert Hall – ウォルト・ディズニー・コンサートホール

電話:+1 323-850-2000
URL : https://www.laphil.com
住所:111 S Grand Ave, Los Angeles, CA 90012, USA

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa skip

高低差のあるフロアを交互につなげたスキップフロアの家。

シンプルな外観の中に日常を楽しむ工夫がギュッと凝縮。

広々と心地よく暮らせます。