casita

casitaをどこに建てる?戸建賃貸住宅で不動産投資を始めるのに適した場所や街とは?

長期優良住宅でもありクオリティの高い「casita(カシータ)」は、借り手に多くのメリットがあり貸し手も借り手もWin×Winの関係を築くことができる戸建賃貸住宅である。その戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」をどこに建てようか、という話になるだろう。

「casita(カシータ)」の場合、純粋に戸建賃貸住宅で不動産投資を行う場合や先祖代々からの土地を活用するためという場合もあるし、ダブルインカム(2つ以上の収入源を持つ)の手段として1棟は自分達で住み、もう1棟は貸すという選択肢も考えられる。土地を所有している場合はその土地が適しているのか、現在土地を探しているのであればどのような場所や街が適切なのかを考えた方がいい。ではどのような場所が適切なのだろうか?

1.土地が安く家賃が高い場所

土地を所有していない場合は、土地の取得の費用がどうしても必要になるが、土地代が安い場所はもちろんリーズナブルに土地を買いやすい。そしてその周辺の家賃が高ければ、戸建賃貸住宅やグレードの高い賃貸が希少であることを表している。それに合わせて家賃を強気に設定すれば、資金の早期回収も期待できるだろう。

また、もし土地を所有していながら土地が安くて手放しにくいという場合も、しっかりと周辺の家賃相場を調査して高ければただ土地を売りに出すよりも「casita(カシータ)」を建てて収益に繋げた方がメリットが高い。

2.賃貸アパート・マンションが建っている場所

賃貸アパートやマンションが建っているエリアはそもそも賃貸住宅の需要が高い。その中で戸建賃貸住宅として希少性があり、「casita(カシータ)」のようにクオリティが高ければ十分に借り手に選んでもらえるだろう。このような場所は地方都市や大都市圏のベッドタウンなど日本各地に多いのでリサーチしてみるといいだろう。

3.大企業や大きな病院、学校などがある場所

まず、戸建賃貸住宅に住む人たちはある程度高い家賃であってもグレードの高い物件を選ぶ。大きな企業や工場の社員や役員、大きな病院があればそこに務める医療関係者の方など、そういった人が顕在しているエリアが良いだろう。また、学校があれば子供を持った世帯に需要があるし、教育環境や治安の面でも安心だ。

 

このように戸建賃貸住宅で不動産投資を始めるのに適した場所や街は、案外日本中のいたるところにありそうではないだろうか?

土地を持っていて土地活用を考えている場合や、1棟は自分達で住みもう1棟は貸すという場合は自分の生活圏に左右されるが、日本中どこでもターゲットにできるのが戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」のいいところだ。あなたが不動産投資を始める場所を探してみてはいかがだろうか?

カシータ ジャーナル

カシータ ジャーナル

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。