住んでみて初めてわかった!家族の息づかいがあって完成する 「生活を魅せる家」の本当の素晴らしさ。

広い玄関土間、吹き抜けのある大空間のLDK、中2階のフリースペースetc…こんなに贅沢な空間の使い方をしているのに、収納もたっぷり。でも、「住んでみて初めてわかった」と夫婦が口を揃えて言う、この家の本当の素晴らしさとは。

ふとした瞬間に、家族のくつろぐ姿を見ると「この家いいな」って思います

家を建てるにあたり、小川家の要望はとにかく収納がたくさん欲しい、ということでした。「とはいえ、リビングは子どもたちが遊べるくらいの広さを確保したい。それに、妻は趣味のミシンを使える作業場所を欲しがっていました。当然、スペースは限られているから、すべてを叶えると窮屈な家になってしまうかも、と心配でした。

でも、上がってきた図面を見て、『あ!』って思ったんです」とご主人の哲朗さん。小川さんご夫妻は、建築家の提案するプランをひと目見て、「こんな解決の仕方ってあるんだ」と驚いたと言います。

居住空間の邪魔をまったくしないミシンが使える作業スペース

玄関土間から家の奥につながる、長い長い廊下。その端から端まで、両側にズラリと棚が並んでいます。ここは、家族4人の衣類や小物、ふだんは使っていないおもちゃからキャンプ道具まで、なんでもしまえる場所。それでいて、居住空間の邪魔はまったくしていません。

この廊下の突き当たりには、奥さまが熱望したミシンが使える作業スペースも確保されています。この作業スペースはランドリールームも兼ねていて、横には洗面スペース、そしてキッチンからリビングへとつながる回遊動線にもつながっています。

「こんな矛盾するようなむずかしい要望をすべて叶えた間取りは、プロならではだと。夫婦だけで考えていたら、絶対にたどり着けませんでした」と奥さま。

大きな窓や吹き抜けがある暖かい大空間のリビング

でも、実際に暮らす前、奥さまにはひとつ心配事があったとか。それは、寒さのこと。

「リビングは大空間で、玄関との仕切りはなく、さらに大きな窓も吹き抜けもあります。冬はどうなのかしら……と」

でも、その心配は杞憂でした。高台という立地も含めて採光が計算されていて、冬はリビングにたっぷりと陽光が降り注ぎます。ご主人曰く、「デザイン性や間取りのことだけでなく、きちんと性能面も考えられているんだと、住んでみて実感しています。エアコンは2階の吹き抜け部分に1台あるだけですが、夏も冬もそれで十分間に合っています。特に冬は、外に出て初めて『ああ、今日は寒かったんだ』気づくくらい(笑)」

「暮らしの中で、この家を建ててよかったと思う瞬間がある」

ご夫妻にはもうひとつ、住んでみてわかった大切なことがあるといいます。それは、「暮らしの中で、この家を建ててよかったと思う瞬間がある」ということ。

「たとえば、2階の寝室から降りてくるとき、吹き抜けから見えるリビングで家族がくつろいでいる様子だったり、キッチンから中二階のプレイスペースを見上げたとき、ハンモックから子どもの足がのぞいていたりするのを見たとき。そういうシーンって、図面上ではイメージがわかなかったんです。でも、もしかしたら、自分たちには見えていなかったけれど、建築家には図面の時点ではっきりとこのシーンが見えていたのかも」とご主人。

「私も、そういう瞬間がすごく好き」と微笑んだ奥さま。そして最後に、「建築家と一緒に家づくりをして、自分の生活が少し豊かになるってこういうことなのかなと実感しました」とご主人が教えてくれました。

家族のかけがえのない風景

なんでもないような風景が、家族のかけがえのない風景だったことに気づかせてくれる家。建築家がつくり上げる家の素晴らしさは、ここにこそあるのかもしれないと、ご夫妻のお話が教えてくれました。