casita

賃貸住宅経営をはじめるなら戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」が最適!

アパート・マンション経営では投資額が大きくなり、経営上でもリスクがつきものだ。限られた土地を活用して、最小限の投資額で戸建賃貸住宅経営がはじめられる不動産投資が人気になっている。戸建賃貸住宅の「casita(カシータ)」は、借り手もオーナーも嬉しいメリットを享受できる新しい賃貸経営だ。

狭小土地の活用が可能

戸建住宅casita に必要な坪数は25坪。坪数がさらに大きければ、何棟も戸建賃貸住宅を建てることができる。アパート経営には小さい土地であっても、有効な土地活用が可能だ。コンパクトなサイズの一戸建のため、建築コストを下げることができる。土地の活用をすることは、相続税や固定資産税を下げることにもつながるのだ。カシータは、土地から購入することも、持っている土地を使っての土地活用も可能。少ない投資での不動産経営がはじめられる。

高品質な設備

アパートやマンションにはない、一戸建のメリットに付加価値をつけているのがカシータの高品質な設備とデザイン性だ。広いガレージ、インナーバルコニー、屋上にテラスのある住宅まで、その土地のニーズに合わせたプランの間取りを選択できる。トイレやキッチンは、使いやすく美しいモデルを採用。casitaオリジナル建具は、生活をより快適してくれるのだ。内装は白を基調とした明るく広々とした空間が広がる。外観の汚れが目立ちにくく、重厚感のあるデザインで注文住宅のようなデザインとなっている。賃貸でありながら、注文住宅並みの機能を持ったカシータは、物件に付加価値をつける。アパートをはじめとする賃貸住宅以上の設備を求める人からのニーズが高く、地域のアパートやマンションと差をつけることが可能だ。

高い利回りを期待できる

カシータの住宅は長期優良住宅認定されているため、長期の不動産経営で安心して投資ができる。コストパフォーマンスがよいため、初期投資額もアパート経営より安くすることが可能だ。持っていた土地を活用したオーナーは、11%以上の利回りを確保している人も多い。資産形成のために土地購入から行ったオーナーでも、9%以上の利回りを得ている人がいる。このような運用実績があるカシータは、リスクを少なく不動産投資をしたい人に最適だ。

カシータの戸建賃貸住宅のメリット

戸建賃貸住宅「casita(カシータ)」は、25坪以上あれば建築が可能な仕様である。狭小土地にコンパクトな戸建住宅を建てることで建築費用を抑えることが可能だ。住宅設備やデザインは、高品質で使いやすさと優れたデザイン性を持つ。建物に付加価値をつけて貸し出したいオーナーに最適だ。土地の購入、活用に限らず高い利回りで運用実績を出しているオーナーが多い。戸建賃貸住宅を建てるなら、「casita(カシータ)」には多くのメリットがある。

CJ 編集部

CJ 編集部

戸建賃貸を中心とした不動産投資情報を配信

特に25坪からはじめる賃貸経営ができるカシータがおすすめ

casita

カシータで、25坪からはじめる賃貸経営

少ないリスクと、大きく広がるメリット。

WIN×WINの住まいは、カシータが目指す新しい賃貸経営のスタイルです。