piatto

快適に暮らせる平屋住宅「casa piatto(カーサ・ピアット)」の間取りについて

住宅を購入する時には、老後まで長く住むことを想定している人がほどんど。「casa piatto(カーサ・ピアット)」は、省エネルギーで快適に暮らせるために造られた新しいタイプの住宅だ。10年、20年と長く住むことを意識した構造と、家族の人数などに合わせて変えられる間取り、建築後のメンテナンスと、平屋の良さを詰め込んだ住宅なのだ。

casa piatto の自由な間取り

住宅の間取りは、家族の人数によって違うものだ。平屋というと、2階がない分、狭い印象を持つ人もいるだろう。だが、casa piattoなら間取りの設計を自由に決めることが可能なため、仕切りを取り除いたり、家族で過ごせるリビングを広くしたりするなど、住人が暮らしやすいように間取りを工夫することも出来るのだ。casa piattoは、快適で住みやすいLDKを自分で造ることが出来るのだ。

年代で変化していく間取り

間取りというのは、年代によっても変わってくる。例えば、20代と60代ではLDKの目的も違ってくる。20代の時は、子育てが中心になるという若い夫婦も多いだろう。そんな時には、やはり子育てがしやすいように工夫をすることが必要だ。リビングやキッチンからでも、親子のコミュニケーションが簡単にとれるデザインが良いだろう。だが、60代の夫婦の場合は体力も若い時とは違い、できるだけ静かに暮らしたいと考え、コンパクトな間取りを希望する人もいるだろう。casa piatto は、あらゆる年代のニーズに応えることが出来る平屋住宅なのだ。

快適なcasa piatto の暮らし

平屋というのは、単に暮らしやすいというだけではない。耐震性や暴風性にも優れている平屋は、地震や台風が多い日本には最適な住宅とも言える。なぜ平屋が地震や台風に強いかというと、それは地面にしっかりと固定し、安定感があるからだ。多少の揺れや強風にも耐えられるのだ。そして、casa piatto は断熱性と気密性に優れているため、1年を通して快適な温度で暮らすことが可能なのだ。年代によって、LDKの選び方も変わるだろ。住宅を選ぶ時には、将来に渡って住むことを意識して間取りを考えることが必要だ。年代を重ねた時にも、ずっと住み続けられる家を見つけたいという人にとっては、バリアフリーにしやすい平屋は最適な家造りだ。常に人の気配を感じることが出来るLDKは、孤独を感じるということも少なくて済むだろう。

「casa piatto(カーサ・ピアット)」が愛される理由

「casa piatto(カーサ・ピアット)」は、デザイン性にも優れているが、低コストで高品質な平屋住宅を提供し、幅広い年代から愛されている。住宅というのは、長きに渡り使うことを意識することが何よりも大切だ。「casa piatto(カーサ・ピアット)」が愛されるのは、自由にアレンジすることが出来る間取りと、低予算で無理なく購入することも可能な、住む人のことを考えられた住宅だからだと言える。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa piatto

ひとりでも、ふたりでも、家族でも、

ずっと心地よく、ずっと過ごしたくなる。