amare

日本の伝統美を取り入れながらも、モダンな家「casa amare(カーサ・アマーレ)」

新しく家が建てられる時、日本で目に映るのは洋風の家屋ばかりである。耐震性などを考えれば設計上致し方ない部分は否めないが、和風の家には独特の個性や良さがあり、どこか懐かしい風情はやすらぎさえ与えてくれる。そんな日本の家屋の良さを取り入れつつ、利便性のある住まいを提供しているのが「casa amare(カーサ・アマーレ)」の家だ。

普遍的な美しい外観

casa amare の外観は一見、とてもシンプルである。だが、細部までこだわりを見せるデザインは日本の寺社や文化に使われてきた美しい比率、大和比が用いられており、日本人ならずとも心を奪われるフォルムを体現している。このバランスを崩すことなく設計されたデザインを元に、最新技術を投入することにより外観が美しく、強い家を実現することができたのである。また、屋根にはメンテナンスのいらない、耐食性や耐熱性などに優れたガルバリウム鋼板を採用し、長く家を守るシステムを構築、進学や独立などのライフスタイルの変化に伴う間取りの変更にも対応可能な家となっている。

素材の美しさをも見逃さない

では、casa amare の室内はどうなっているのかと言うと、無垢板を使用した床は柔らかく、殺菌性や脱臭性に優れた杉による健康効果を得ることが可能だ。杉の香りや暖かみは居るものにとっても心地よく、また、断熱性の高い壁に湿気の吸収と放出という機能を持つ内壁は、夏の暑さや冬の寒さから守り、カビの発生やダニの増殖などを抑える働きで室内を快適な空間に保ってくれる。そして、casa amare では家を強く保つために隠れる補強金具を使用しており、見た目に損傷なく、マテリアルそのものの美しさを表現することに成功している。

普段の生活がエコに繋がる家

なお、casa amare の住みやすさは他にもある。例えば、機能性のあるキッチンや洗面所の設置が挙げられるが、節水が可能なトイレや魔法瓶浴槽でお風呂のお湯の温度が下がりにくいユニットバスなど、環境にも優しい設計がされており、無理なくエコな生活を送ることができるのも魅力的だ。また、窓には日本の伝統文化でもある障子を置き、ペアガラスと一緒に設置することによって生まれる断熱性は高く、自然の光を柔らかく室内に取り入れることが可能となっている。

住む人の変化に対応する常に居心地の良い家

「casa amare(カーサ・アマーレ)」は、日本が誇る伝統美と近代的な技術が見事にマッチした家である。家族構成の変化への対応やこだわりの素材による快適な室内と、機能性のある設備はいつでも誰にでも居心地の良い空間を提供してくれる。その住みやすい家はコストパフォーマンスにも成功しており、シンプルで美しく、飽きの来ないデザインは住む人も来客をも魅了するだろう。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa amare

日本の伝統美を手本にした

「受け継がれる家」