others

戸建賃貸住宅の賃貸経営は土地活用と同時に節税対策にもなるんです!

昨今、戸建賃貸住宅が不動産投資の対象として注目を集めている。戸建賃貸住宅はアパートやマンションに比べ、土地の形状や立地の影響を受けにくい特長がある。また、利回りの面でも優れていると言われている。何より、ローコストで始められるので、資金に余裕がない方でも参入しやすいのが魅力だ。当記事では、相続などで取得した不動産をいかに有効活用するかについて解説する。

有効な土地活用の手段

従来の戸建賃貸住宅というのは、居住者が転勤などを理由に空き家を貸し出すものだった。また、新居を購入した人が、住み替え後の物件を売却せずに賃貸に出していた。それが最近では、有効な土地活用の手段として戸建賃貸住宅を建てるケースが増加している。相続などで取得した土地を空き地のまま所有していれば、固定資産税や都市計画税などが課される。それに対して、戸建賃貸住宅を建てて賃貸経営すれば、安定的な収入源になる。アパートやマンション経営は様々なリスクを伴うが、戸建賃貸住宅であれば少ないリスクで運営できると言える。

空室リスクを抑えられる

戸建賃貸住宅は、入居者にとっても沢山のメリットがある。アパートやマンションとは異なり、隣室の騒音などを気にする必要がない。なにより、自分たちも音を気にしながらの生活から解放されるのだ。ペットなども自由に飼うことができ、庭付きであればガーデニングが楽しめる。それゆえ、戸建賃貸住宅は人気があり、多少立地条件が悪くても高い需要が見込まれるのだ。変形地や狭小地でも経営が可能というメリットがある。戸建賃貸住宅の入居者はファミリー層が多く、入居期間が長いのも特徴だ。そのため空室リスクを抑えることができる。

相場より家賃を高めに設定できる

戸建賃貸住宅はアパートやマンションより部屋数が多く、住環境として優れている。供給量も比較的に少ないので、相場よりも家賃を高めに設定することが出来る。また、賃貸住宅を建てることで、土地の固定資産税や都市計画税を大幅に抑えられる。さらに、減価償却費などの経費を所得に合算すれば、所得税や住民税の削減にもつながる。何かの事情でまとまった資金が必要になれば、売却という選択肢があるのも戸建賃貸住宅のメリットだ。

節税効果が大きい

従来の戸建賃貸住宅は、転勤に伴う空き家などが主流であった。それが現在では、相続などで取得した土地の有効活用として注目されている。戸建賃貸住宅は、変形地や狭小地でも建てられるのが強みだ。アパートやマンションのように、立地の影響を受けにくいのも特長である。入居者はファミリー層が多いので、空室リスクを抑えられるのも魅力だ。何よりも、節税効果が大きいのが戸建賃貸住宅を経営するメリットである。

#casa 編集部

#casa 編集部

住まうこと、個性的で豊かな暮らし方の紹介、建築家や著名人へのインタビューなど毎日更新中!

「暮らしとデザイン」をテーマにしたWEBマガジン「#casa」(ハッシュ・カーサ)。

casa

建売でも注文住宅でもないもうひとつの可能性 casa シリーズ。

機能、デザイン、コスト削減などを徹底して追求した、

完成度の高い住宅。