南欧風の間取りを自分らしく仕上げられる「casa carina(カーサ・カリーナ)」

南欧住宅とは、フランスの南部地方やイタリア、スペインなどの地中海や大西洋に面した温かい土地に建つ家で、日本でも大変人気のある住宅スタイルだ。輝くような白い壁と柔和さが印象的だが、どのような素材や機能性が必要だろうか。南欧風らしい住宅に仕上げたい方に、今回は住宅の特長や住まい作りについて提案していきたい。

南欧風を醸し出すと共に快適さも追求

南欧の間取りにおいて、まず気になることが外観のインテリアだろう。casa carinaは、一目惚れするようなインテリア性と機能性を兼ね備えた家であると共に、無垢材や漆喰、テラコッタを使った自然派の家だ。ちなみに、南欧の家の外観はホワイトやクリーム色といった落ち着いた色合いがほとんどである。また、南欧風の雰囲気を出したければ、窓にも工夫が必要だ。その点、casa carinaは今までよりも一回りも厚い樹脂サッシを導入しており、驚くことに約3倍もの断熱性能を生みだすことに成功している。故に、高い気密性能で結露の発生が少ない。つまり、断熱性が高いことで光熱費も抑えられる。見た目のみならず快適さにもこだわっているのだ。

機能性に優れた玄関ドア

南欧風のcasa carinaの玄関ドアには、スウェーデン製の熱に強い素材を用いている。一般的なアルミの玄関ドアよりも遥かに高い断熱性能を持つため、外の温度を部屋内に入れ込まず、逆に部屋の温度を外に逃すこともない。また、玄関ドアの表面にはチークの天然材木を使用していることも特長だ。加えて、防犯性にも力を入れ、日本政府が定めているCP(防犯建物部品)で認定されている鍵を取り入れている。

ディテールにもこだわる

casa carinaでは壁の白さを維持するために、太陽の紫外線と反応して汚れを分解するスイス製の漆喰を用いている。室内にも用いているこの漆喰だが、無垢の木と同じくらいかそれ以上に優れた調湿作用を持ち、カビやウイルスなども殺菌し、臭いまで分解できる効果もある。また、casa carinaは材木だけではなく、デザインにも強いこだわりを見せている。特に、従来の住宅にはあまり見られない柔らかさや温かみが加わった。また、ナチュラルな雰囲気を大事にし、自然素材を取り入れた機能性とデザイン性を兼ね備えた住まいになっている。

こだわりの南欧風を実現するならcasa carina(カーサ・カリーナ)

こだわりのあるインテリアと自然素材で、機能性とデザイン性を併せ持つcasa carina(カーサ・カリーナ)に心惹かれる人も多いだろう。南欧風のデザインを重視するだけではなく、耐久性や断熱性、防犯などの機能も優れているので、安心して快適に住めるからだ。ナチュラルで明るい雰囲気のcasa carina(カーサ・カリーナ)を住宅の選択肢に加えてみてはいかがだろうか。