minimallife

敷地にあわせて可変するロケーションハウス「casa cago(カーサ・カーゴ)」。

「6畳間」を組み合わせてつくる、ミニマムなロケーションハウス「casa cago」。2017年4月、泊まれる住宅展示場「SHARES蒲郡」に登場して以来話題を呼んでいる。

今回は、設計担当の住宅アカデメイア事業企画室室長 窪田国司さんと、カーサ・プロジェクト取締役の佐藤共之さんに伺った。

テーマは「敷地にあわせて可変するロケーションハウス」

窪田さんによると、同プロジェクトは「蒲郡のような郊外でアウトドアを楽しむ人のための24坪程度の平屋、というオーダーが出発点だった」とのこと。そこで「ローカルなラグジュアリーライフ」とは何かを考えたそうだ。

casaのイメージとして、今の暮らしに対する違和感や問題点を鋭く指摘し、無駄なものを入れたり下手なデザインを入れたりしない会社と考えていた窪田さんは、それを常に心に置きながら「そういう会社が平屋を作ったら、どんな家を作れるだろう?」っていう視点で作っていこうと考え始めたという。

現在の家づくりの問題点とは

次に考えたのは、消費者サイドからの視点。今の家づくりでは専門家サイドのものの考え方が中心となっており、専門用語が多く飛び交い、消費者が追いついていない現状を指摘。そこに違和感を持った窪田さんは、一般の人々も想像しやすい「6畳間」に着目したという

さらにその6畳間に、コンテナの意味も持つ「カーゴ(籠)」の単位をつけてより計算しやすくした窪田さん。「『casa cago』という名前もここからついたんです」と語る。

どんなロケーションにも馴染む

暮らしたい場所を選べるcasa cagoは、どんなロケーションにも馴染む家。エッジのきいたデザインと、自然素材のぬくもりが融合した佇まいは、個性を主張しつつも景色にさりげなく調和する。

庭とのつながりが暮らしを何倍も楽しくする

外を眺めながら、遠くの風景や庭の草花を愛でる。家族や友人たちとバーベキューを楽しみ、ひとりでゆったりとしたティータイムを過ごす。casa cago は自然や大地に近い暮らしを実現する。

話がはずむ、見晴らしのいい窓辺

片流れ屋根の形状をそのまま生かしたダイナミックな天井や、壁の一部に抜けたアクセントウォールが美しいシンプルな空間。キッチン奥に水周りを集約することで家事動線に優れた間取りに。

シンプルさを限りなく追求したオリジナルデザイン

casa cago がこだわるのは、美しい空間づくり。細かなパーツにいたるまで、ほとんどがオリジナルデザインのcasa cago は決して妥協することなく、美しさと心地よさ、機能性を追求した空間づくりを目指している。

天井の高さまである扉、ワイドな無垢板の床、空間をジャマしないように計算された細い幅木、オリジナルの洗面台など、随所にcasa cago の設計思想が息づいているのだ。

こだわり抜かれたcasa cagoに向いている人とは

随所にこだわりが見えるcasa cago で、どんな暮らしをしてほしいのか、例えばどんな人が向いてるのか。窪田さんと佐藤さんに伺った。

思いやりのある家族に

窪田さんは、「仲のいいご家族に住んでいただきたい」と回答。内側にすべて窓があるので、家族の気配も感じる一方でプライベートも確保されている。「『子どもを下宿人にしない』ことを意識した、自然とリビングに人が集まる間取りを考えた」とのこと。「喧嘩なんてしていられないですよ。思いやりあるご家族にぴったりの家だと思います」と話した。

ミレニアル世代にフィット

一方で佐藤さんは、インターネットが一般化した30代後半以下の「ミレニアル世代が」そのご家族の中心になっていくと意見。「モノの意義と理由を考え、値段が高くても納得がいけば購入するという賢い選択をされる。そんな方々にもcagoはご納得いただけるのではないかと思います」と語った。

実際に宿泊できる住宅展示場

愛知県蒲郡に誕生した、実際に泊まってライフスタイルを体験できる「SHARES ラグーナ蒲郡」。見るだけではなく、暮らしの体験をすることができる14棟のパビリオンと4棟の小屋が揃った、新しいかたちの住宅展示場。「casa cago」の内覧・宿泊体験が可能となっている。

敷地によって可変するロケーションハウスを自分の目で見て、そして実際に泊まってみて自らの暮らしに思いを馳せてほしい。

 

展示施設:SHARES ラグーナ蒲郡
愛知県蒲郡に誕生した、実際に泊まってライフスタイルを体験できる「SHARES ラグーナ蒲郡」。見るだけではなく、暮らしの体験をすることができる14棟のパビリオンと4棟の小屋が揃った、新しいかたちの住宅展示場です。「casa cago」の内覧・宿泊体験が可能です。

住所
〒443-0014 愛知県蒲郡市海陽町2丁目7−3

ACCESS
車でお越しの方:東名高速自動車道→音羽蒲郡ICより25分
電車でお越しの方:JR東海道本線 三河大塚駅下車 徒歩15分

受付時間
10:00〜18:00

SHARES ラグーナ蒲郡 HPはこちら

あべまなみ

あべまなみ

新潟県出身、横浜在住のフリーライター。中学時代にサックスを始め、自身もジャズを演奏することから、20歳のアメリカ留学時に単身でメンフィスとニューオーリンズへ。初めての一人旅で自分の可能性や新しい発見に出会える楽しさに気づき、その後「旅」にハマる。

2017年12月現在、渡航国は24カ国。好きなものはお酒といちご。

casa cago

日本人に馴染みある6畳の組み合わせで

お客様が必要な形

必要な部屋数でつくる家